1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

電子書籍の販売方法と印税率の比較

著作権を自分が保有している電子書籍の販売方法について調べました。注目したのは印税率。課金サービスを利用して販売する方法にも目を向けました。乱立する電子書籍販売サイトのまとめ。

更新日: 2012年12月01日

139 お気に入り 40774 view
お気に入り追加

■結論

印税率 オンラインストア開設=コンテンツマーケット>新興書籍販売サイト=スキル売買サイト>オークション>大手書籍販売サイト

オンラインストア開設、コンテンツマーケットでの販売が印税約90%~100%
新興書籍販売サイト、スキル売買サイトでの販売だと約70%
オークションサイトは約50~97%(短期間でいっきに売ると上がる、単価も高めの物がよい)
大手書籍販売サイトだと40%前後

1. オークション系サイトを利用する  印税50%~97%

※固定月額料金がネック。売上が高いほど印税率は上がる。

楽天オークション

印税率93.7% 手数料5.25+1.05=6.3%

eBay

出品手数料+落札手数料+paypal手数料

例 1000円(1ドル80円換算で12.5ドル)の物が売れた場合
0.5ドル+9%(固定価格なら15%)+(3.9% + ¥40)引かれて実質786.46円。
印税率約79%

参考 eBay手数料 http://sub.kyamamu.com/auction/ebay/278.html

モバオク

月額315円の会員登録必須。
出品者は手数料なし、落札者が払う(99円~400円)。
参考 http://www.mbok.jp/pgnt/tr_guide/commission.html

例、1000円販売で利益685円、約印税69%
例、10000円販売で9685円、約印税97%

Yahooオークション

Yahooプレミアム会員(月399円)登録必須。
手数料=5.25%+(11回目からは10.5円)、
参考 出品の利用料 http://help.yahoo.co.jp/help/jp/auct/fee/fee-12.html

例、1000円で落札 -52.5円-400円で利益547.5円 実質印税55%前後
例、10000円(1000×10)で落札 -525円-400円で利益9075円 実質印税90%前後

Yahooバザール

変動価格ではなく固定価格での「ヤフオク」
Yahooプレミアム会員(月399円)登録必須。
販売手数料は商品販売価格の9.45%+1%。
同じ値段で売るならYahooオークションの方がまだまし。あるいは他社!

例、1000円販売 -10%ープレミアム会員代で利益500円 実質印税50%前後。
例、10000円販売   -10%ープレミアム会員代で利益8600円 実質印税85%前後。

2.販売促進サイト(電子書籍プラットフォーム)を利用をする方法

▼大手 印税は約40%前後、ISBNコード必須の条件があるものも。

AmazonKindleストア

印税率は35% or 70%-配信コスト
印税率70%を選択しても、実質20%前後になる。http://goo.gl/q4RfC
印税率35%を選択しても、実質24.5%前後になるケースも。http://togetter.com/li/410619
Kindleでは無料配布はできず、容量に応じて最低価格が決まっている。

Kindleに出版する方法 例1 http://blog.best-seller.co.jp/kindle/
Kindleに出版する方法 例2 Kindleストアに僕の黒歴史小説が並ぶまで http://goo.gl/9cSFw
Kindleに出版する方法 公式 https://kdp.amazon.co.jp/self-publishing/signin

楽天Koboストア

印税45% or 70%
$1.99 - $12.99の電子書籍 = 印税率70%
$1.99以下または$12.99以上の電子書籍 = 印税率45%

楽天Koboストアに出版する方法 http://bookbery.jp/how/342.php
楽天Koboストアに出版する方法 公式 http://www.kobobooks.com/kobowritinglife

Googleplay書籍ストア

印税率70%
ISBN コードが付されている書籍でないと販売できない。
ISBN コードを取得する方法 http://www.isbn-center.jp/regist/index.html#nagare

iBooks store

印税 41.65%{70%-10.5%(apple指定の事業社)}×70%(アメリカ国外税金)
日本語非対応。
有料販売アカウントーISBNコードの付いた本しか売れない。
無料販売アカウントーISBNコードは必要ないが有料販売に切り替えられない。

▼新興勢力 登録が基本無料で、印税が70%以上のサイト

forkN

印税70%(+5% or 7% or 10%のボーナスがつくことがある。)

Wook

印税75%(初期費用12000円、容量追加1Gごとに12000円。)
現在は初期費用0円キャンペーン中。

3.コンテンツ販売サイトを利用する方法 印税80%~100%

ameroad

印税 100%(ただし購入者が決済代行手数料を払う。商品の約10%~20%)
出品・購入時の手数料について http://ameroad.net/?m=m_howto_fee

Sellbox

Dropbox 内のファイルに値段をつけて URL を売るサービス。
印税 95%-paypal手数料

DL-market

200円~1000円 印税85%
1001円~   印税90%-60円(1冊ごと)
大人の事情でリンクを貼ることができないので、検索してみてください。

1 2





質の高いまとめを心がけています。
得意ジャンル:お笑い、芸能、音楽、インターネット、スポーツ

RSS購読→http://goo.gl/uFcBQ
過去記事一覧→http://goo.gl/EoGQ7