1. まとめトップ
  2. カラダ

ダイエットの新常識!便秘も解消する「塩抜き」をあなたに教えたい!

どうもホントに痩せる、痩せやすくなるらしい、塩抜きダイエットについての紹介と、その方法と、注意点をまとめました。皆様の体重管理の役に立てばと思います。後半は具体的な方法をまとめていますので是非目を通してみてください。

更新日: 2017年05月28日

nobunakaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2866 お気に入り 649774 view
お気に入り追加

やってみたけど効果が出にくて・・・
なかなか自分の体質に合うダイエットと出会えなくて・・・
なんて悩んでいる方は、そもそも痩せにくい体になっているのかも。
体質から変えてみませんか?

塩抜きはあなたの体を痩せやすくするだけでなく、むくみにくくしたり、生活習慣病の予防にもなるみたいですよ♪

ダイエット中・前後の体からの塩抜きが侮れない

塩抜きは「痩せる体質」を一気に作り出します

出典http://kanaimaru.com/diet/d0005.htm

塩抜きって海産物とかでやるあれ?
って思ってる人!・・・・ぶっちゃけ正解です(笑

画像はイメージですが、やることは一緒。
あなたの体から塩を抜き取ることが大切なんです!

実は効果的なダイエット法としてセレブでもこっそり流行っている!?塩抜きダイエットに挑戦した人たち

映画版『君はペット』の役作りのため
「塩抜きダイエット」に挑戦
見事8キロの減量に成功!

雑誌ananでの特集のため
塩抜きダイエットに挑戦
肉体美を披露した

劇場版「恋する日曜日 私。恋した」の病人の役の役作りのため
塩抜きダイエットに挑戦
顔が青白くなるほど痩せて、真似は危険とまで言われるほどの効果を見せた。

塩抜きで痩せる仕組み の 解説 ~体から塩分を減らすと~

① 浸透圧のしくみで体の余分な水分が抜けて痩せる。

② 余分な水分が抜けることで代謝が良くなり、結果カロリーを消費しやすくなり痩せる。

③ 腸にかかわる筋肉の緩和やホルモンバランス改善の影響で、お通じが良くなって痩せる。

体内の塩分の濃度で、塩の濃さを薄くすることで、
体の中から余分な水分が抜けていきます。

水は重いので、まずは余分な水分を抜くだけで手っ取り早く体重を減らせスリムになってしまいます!
そしてもちろん、むくまない、むくみにくい体にもなります!

仕組みの浸透圧をおさらいしておきましょう。

塩には水分を引きつけようとする性質があります。

しかし体にはできるだけ塩分を一定に保とうとする働きがあって、簡単に体外には出てくれないので、体内に塩分が多い人はどんどん体内に水分が多くなってしまうというわけです。

しかし逆に、ヒトの体は、体内の塩分の濃度(濃さ)が薄くなってくると、それを一定に保とうとして、水分を出そうとします。
なので逆にこの体内の塩分を減らせば余分な水分が体外に出て行ってくれるのです。

図では左側は血管やリンパとしていますが、あらゆる体内の場面で同じような浸透圧の原理が働いています。

体から余計な水分を抜けるメリットは体が軽くなるだけではありません。
体から余計な水分が抜けるだけで、ヒトは代謝がよくなります。

水分が抜けるだけなら体重だけ減って脂肪は落ちないのでは?と思ってしまいがちですが、代謝が上がるので脂肪も燃えやすくなる、痩せやすい体になるというわけです。

① 体の水分が多くなる → 体液が多くなる → 代謝が悪くなる
むくんでいれば当然、血管が圧迫され血の流れも悪くなります。

② 水分が多いと血液も多くなる → 心臓の負担もその分、多くなり、循環しにくくなる。

結果当然、水分が多いと代謝が悪く、水分が少ないと代謝がよくなる!

便秘には1に水分といいますね。
塩抜きの方法でも水分を多く取るのでそれだけでもお通じに良さそうです。

さらに塩抜きをするとアデステロンが分泌され、カリウムが体外に排出されます。
カリウムは筋肉に作用するので、体からカリウムが減ると緊張しすぎたお腹の筋肉が緩くなり、お通じが良くなるというわけです。
※カリウムの不足しすぎも良くないのでお通じが良くなったら速やかに補給しましょう。

さらに!

減塩によって食欲がなくなり、食べる量が減って痩せるということはある。

出典http://www.geocities.jp/t_hashimotoodawara/salt6/salt6-89-06.html

塩抜きをすると胃酸が抑えられ食欲も落ちます。
つまり、塩抜きをすると余計な食事や間食をらくらく我慢できて痩せるってことです!
やりすぎると夏バテのようになるので具合が悪く感じたら塩抜きを休みましょう。

じゃあどうやって塩抜きするの? 塩抜きの具体的方法と注意

お待たせしました。以下では具体的な方法を紹介します。ただ塩抜きはどのようなダイエットでもそうですが、気を付けないといけない点を踏まえないと体に不調がでます。合わせてまとめておくので、実行するときは注意点にも気を配ってください。

まずは基本
体から出る塩分>体に入る塩分 を意識しましょう。
そのためにも塩分の多いスナック菓子やカップラーメンは厳禁!
味の濃いものも控えましょう。

体から塩分が抜けてきた2~3日目はもっと出すために、塩分を一切取らないくらいでもいいかもしれません。

塩=NaCl つまり Na,ナトリウムもダメですよ~ 商品の裏を見て!

水分を多く取りましょう!

意識して水分を取ることで初めはむくんできます。
しかし!ここで騙されたと思って塩抜きをやめないでください。
初めは水分が、塩分の多い体に吸われていきます。
そして体内の塩分の濃さが薄まったところで、塩の排出が加速します。
そうなってしまえばむくみもどんどん取れて、今後むくみにくい体質になるわけです!

カリウムを摂取することで、そのカリウムに体内の塩分が釣られて体外に出てくれます。
バナナや果物はオススメ。
塩抜きをすると体内のカリウムも若干不足がちになるので、補給もかねて食べておきましょう。

マグネシウムを共に排出するので便が柔らかくなり便秘解消にもなります。ただ不足しないようマグネシウムの補給もしておきましょう。

水を飲むだけでなく、おしっこをして、塩や老廃物を排出してなんぼです。
利尿作用のあるお茶などを飲んで排尿を促しましょう!

3日続けて塩抜きをしたら、4日目に普通食に戻すこと!

いくら現代人は塩分を取りすぎているとは言え、塩分は体に必要なものです。
徹底した塩抜きを長く続けるのは危険。
塩分が不足すると、塩のなかのNa(ナトリウム)は脳の栄養なので、フラフラしてめまいのような症状が出たり、Cl(塩素)は胃酸の元になるので、あまりに胃酸が少ない状態が続くことで夏バテのようにもなります。 極単に塩分がなければ熱中症のような症状にもなるのでやりすぎは禁物。
だいたい、2日目くらいから余分な塩分が抜けて、3日目で宿便などが出て行くので、4日目には元の食事に戻しましょう。 気になるならあまりに塩分の多い食品を控えればOK。

注意点には気をつけつつ、きちんとやれば2~5キロは楽に痩せます!

代謝が上がって痩せやすい体に近づくこともできます!

宿便も出て行ってくれます!

まずは三日間やってみましょう♪

1 2





このまとめへのコメント1

  • ko_kanagawaさん|2012.12.10

    ダイエットなんつう頭悪いやり方してる人には危険そうな情報だなぁ

1

ネットを楽しみながら、これは皆様にも役立つのでは?と思うようなモノをまとめております。初心者にも優しくを心がけております。
http://goo.gl/pZqa4
お気に入りに喜び一礼します。