1. まとめトップ

おーまーえーはーあーほーかー『ミュージカル・ソー』の弾き方まとめ

ジャパン・ミュージカル・ソークラブ<JMC>会長、ソーヤー谷村さんの情報を中心に『ミュージカル・ソー』の魅力をまとめます。

更新日: 2012年12月01日

1 お気に入り 2804 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ぐのっちさん

ミュージカル・ソーとは?

ミュージックソーは、体鳴楽器のひとつ。「ミュージカル・ソー」(英: Musical saw)、「シンギング・ソー」(英: Singing saw)とも呼ばれる。ジャグ・バンドなどでの演奏にも使用される。
西洋鋸によく似ているが、刃は付いていないか、付いていても目立てされていないので切断に用いることはできない。

“ お・ま・え・は・あ・ほ・か ”をご存じですか?
そう、横山ホットブラザーズがバチで叩いて演奏している楽器、あれがミュージカル・ソーです。

『ミュージック・ソー』の演奏家

1946年生まれ。
ジャパン・ミュージカル・ソークラブ<JMC>会長。
ミュージカル・ソー演奏者として全国各地のTV局、ラジオ局に出演。また、フジTV系アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の挿入曲を演奏する。

’87年より「ミュージカル・ソー・リサイタル」を手がけ、2000年9月には「ミュージカル・ソー&口笛コンサート」を行った。

’98年7月にアメリカ・カリフォルニアで開かれた「ソー・コンテスト」にゲスト出演し、スタンディング・オベーションを受ける。

『ミュージカル・ソー』の弾き方

『ミュージカル・ソー』の起源

起源について大きく3つの説があります。
①北米説:北米ネイティブアメリカンの土着楽器。
②スカンジナビア説:1800年代初めにスカンジナビアで演奏したのが最初。
③南米説:南米のある部族が労働課の伴奏としてマレットで打ち鳴らした。

『ミュージック・ソー』動画集

『ソーヤー谷村』リンク集

1