博士による著者紹介】

エムカクさん。ボクには正体不明のサラリーマン。
今年の8月21日。TSUTAYA梅田店で自主的な『藝人春秋』のサイン会を開催していた処、
「宛名は?」「エムカクと入れてください」
「君がそうなの?」と思わず口に出す。
この『水道橋博士のメルマ旬報』でもお馴染みの関西のお笑い発掘マニアである、
柳田くんから、「素人でさんまさんのことを異常な熱量で記録するマニアがいるです」
という噂を聞いて、Twitterのフォローをしていた。
確かに尋常ならざる熱量を帯びていた。しかも愛情と感謝に満ちている。
「博士の年表を見てボクもさんまさんの年表を作ります!」
「じゃあ、未完成版で良いから、原稿を貯めるためにも連載してくれる?」
この流れから、今回の新連載となった。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

『水道橋博士のメルマ旬報』豪華執筆陣まとめ

『水道橋博士のメルマ旬報』の豪華執筆陣をまとめました。

このまとめを見る