1. まとめトップ

『水道橋博士のメルマ旬報』豪華執筆陣まとめ

『水道橋博士のメルマ旬報』の豪華執筆陣をまとめました。

更新日: 2018年05月17日

23 お気に入り 130353 view
お気に入り追加

著者プロフィール/木村綾子

1980年生まれ。作家。
明治大学政治経済学部卒業後、中央大学大学院にて文学修士号取得。
青文字系雑誌の読者モデルを経て、2005年よりタレント活動を始める。現在は小説・エッセイ・評論など執筆。また太宰治に造詣が深く、著書、テレビ番組やイベント出演多数。2009年から「太宰治検定」実行委員として企画運営を行う。
2012年7月から下北沢の本屋「B&B」スタッフも担う。twitter @kimura_ayako
著書:『太宰治と歩く文学散歩』、『いまさら入門 太宰治』

【博士による著者紹介】

今のところ唯一の女性執筆者。ボクとは7年前『平成教育予備校』で共演。当時は予備校ではなく中央大学大学院へ通うインテリ女子大生だったが、現在は下北沢の本屋B&B、そして四谷のスナック『アーバン』へ通う文学美女。
今年11月に再会。今や太宰研究家として『太宰治検定』実行委員、作家、講演活動にも勤しむ“斜陽”ならぬ好調ぶり。かつては伝説的超人気読モであったことも最近知った。アンニュイながら“人間合格”の女。

16. 園子温 『芸人宣言』

著者プロフィール/園子温

1961年生まれ。詩人、映画監督。
17歳で詩人としてデビューし、"ジーパンをはいた朔太郎"として「ユリイカ」や「現代詩手帳」などさまざまな雑誌に掲載される。
大学入学後は8mm映画を手がけ、1985年には自主映画『俺は園子温だ!』でぴあフィルムフェスティバル入選。以降、その制作活動は広がり『部屋』(1994年)で、サンダンス映画祭審査員特別賞を受賞。『愛のむきだし』(2008年)や『冷たい熱帯魚』(2011年)、『ヒズミ』(2012年)など多くの作品でさまざまな国際映画賞を受賞する。
また、映画制作の一方で、街頭詩パフォーマンス「東京ガガガ」を主宰し、一大ムーブメントを起こす。
著書:『非道に生きる』、『希望の国』ほか

【博士による著者紹介】

言わずと知れた「世界の園子温」――。
今や、その新作が最も待たれる日本を代表する映画監督である。
映画だけではない、その自叙伝『非道に生きる』は、詩人の血が全編に流れ、他人に生き方を問いかける扇情の書。
その血を輸血されたボクは50歳にして「非道宣言」した。
しかも、今年、何故かボクと高円寺で出会ってしまった。
8時間酒を酌み交わし意気投合。最後は我が家で肩を組んだ。
その後、再会した園子温はボクに宣言した「芸人になる!」と。
よって、今、その新ネタが最も待たれる新人芸人なのである。

17.伊賀大介『好漢日記』

著者プロフィール/伊賀大介

スタイリスト。1996年 スタイリスト熊谷隆志氏に師事
1999年 独立してスタイリストとして活動開始。 ファッション誌、PV、 広告の他、最近では映画や舞台、そしてコラム執筆など活動の幅を広げている。浅草キッド・キッドを自認。

【博士による著者紹介】

連載陣唯一のオシャレ業の売れっ子トップスタイリスト、言わずと知れた麻生久美子さんの旦那さんという華美すぎる衣装を纏いつつも、根っこは東京生まれの装飾系男子、漢好き。気持ちが素っ裸の好漢。
昔から浅草キッドを応援してくれているわけだが、その付き合いは誌上レベルのみだった。しかし、昨年、出会いを果たし今回の連載へ。エンタメ界で縦横無尽の物見遊山ぶりをご堪能あれ。
ちなみに「好漢」とは本人の自称にあらず「漢が好き」という意味です。

18.西寺郷太の『郷太にしたがえ!』~小説 「噂のメロディ・メイカー」~

『水道橋博士のメルマ旬報』西寺郷太さん の連載「噂のメロディ・メイカー」第一話を期間限定無料公開します。記念セール期間中の2/28までの限定公開!まずこれを読んでみてください!krs.bz/hon/s/hakase_n…

著者プロフィール/西寺郷太

1973年生まれ。早稲田大学在籍時に知り合った奥田健介、小松シゲルと結成したポップ・ロック・バンド NONA REEVES のシンガー/メイン・ソングライターとして、97年デビュー。
音楽プロデューサー、作詞作曲家としても SMAP、V6、KAT-TUN、ゴスペラーズ、中島美嘉など多くのアーティストに携わる。
実践に基づく独自の音楽論には定評があり、特に「マイケル・ジャクソン研究家」としてはジャクソン・ファミリーからも絶大な信頼を獲得。
著書『新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書』(新潮文庫)、「マイケル・ジャクソン」(講談社現代新書)はベストセラーに。
2013年、シルク・ドゥ・ソレイユ「マイケル・ジャクソン ザ・イモータル ワールドツアー」日本公演オフィシャル・オブザーバーに就任。
2013年3月6日、Billboard Records より、NONA REEVES 4年ぶりのニューアルバム『POP STATION』が発売される。

【博士による著者紹介】

ボクとはTBSラジオ『キラ☆キラ』の残党仲間。
小龍包の顔をしながら 肉汁ではなく美声がこぼれ落ちる、ポップロックバンド、ノーナリーブスのボーカル。自らソングライターでありながら、 マイケル・ジャクソン研究の第一人者としても著名。 ジャニーズ系アーティストへの作曲も相次ぐ、アイドルカルチャーのキーパーソンでもある。
一方で、「小沢一郎、マイケル・ジャクソン、ほぼ同一人物説」で政治とロックをシンクロさせて語れるお笑い論客の一面もあり。多面的な顔を持ち多岐ジャンルに錚々たる人脈を誇る越境者でありながら「郷にいれば郷に従う」マイルドな人格者。

19.酒井若菜の『くよくよしたって始まる!』

著者プロフィール/酒井若菜

女優。
95年デビュー。ドラマ『木更津キャッツアイ』や『シングルマザーズ』、映画『恋の門』『白磁の人』など数多くの作品に出演している。映画『遺体~明日への十日間』が、2月23日より全国公開予定。2008年には初の著書「こぼれる」、2012年にはエッセイ集「心がおぼつかない夜に」を発売している。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11