1. まとめトップ

『水道橋博士のメルマ旬報』豪華執筆陣まとめ

『水道橋博士のメルマ旬報』の豪華執筆陣をまとめました。

更新日: 2018年05月17日

23 お気に入り 131881 view
お気に入り追加

【博士による著者紹介】

彼女が10代の時に知り合ったが、当時から、大きな希望を胸に秘めた小娘。
女優のキャリアを刻みながらも文章家であることを知ったのは、つい最近のこと。
テリー伊藤さんを描いたBLOGの一文に心打たれた。ボクが描いた『藝人春秋』のテリー伊藤の章とは大違い(笑)文章でしか描けない悶々たる心象風景の乙女心よ!
単行本『心がおぼつかない夜に』にボクは帯文を捧げた。
「くよくよしたって始まる」——。
それはボク自身の人生のスローガンのお裾分けだった。

20.マキタスポーツの『マキタスポークス~どこぞの誰かへ』

著者プロフィール/マキタスポーツ

1970年生まれ。水道橋博士およびプチ鹿島と共にオフィス北野に所属するお笑い芸人。
浅草キッドが主催していた伝説のライヴ「浅草お兄さん会」でデビュー。
バンド『マキタ学級』を率いるシリアスなアーティスト性のミュージシャンでありながら、ビートたけし氏、浅草キッドも支持する実力派芸人であり、又、独自の批評的見地から音楽や時事問題を考察、論評するコラムニストでもある。
芸人としては、音楽的造詣をもとにした音曲ネタを得意とする。自ら命名した「作詞作曲ものまね」は、従来の「声帯模写」「形態模写」とは一線を画す知的なパロディネタとして好評を博している。
週一回、メルマガ「マキタスポーツの『週刊自分自身』」をお届け中!

【博士による著者紹介】

才能が渋滞しすぎて長く売れなかった事務所の後輩。
芸人として、10年以上「苦役列車」に乗り続けたが、昨年、ようやく芸能界のゴールデン特急に乗り換えた。因果鉄道の旅は何処を終着駅にするのか?
そのギターを持った渡り鳥の旅路にも、注目が集まる今最も旬な芸人。歌、芝居だけでなく文章も上手い。
最新のホットな話題はこのメルマガの兄弟誌に毎週連載中、より深く味わいたいファンは是非、購読を。

著者プロフィール

マキタスポーツ
浅草キッドが主催していた伝説のライヴ「浅草お兄さん会」でデビュー。
バンド『マキタ学級』を率いるシリアスなアーティスト性のミュージシャンでありながら、ビートたけし氏、浅草キッドも支持する実力派芸人であり、又、独自の批評的見地から音楽や時事問題を考察、論評するコラムニストでもある。
芸人としては、音楽的造詣をもとにした音曲ネタを得意とする。自ら命名した「作詞作曲ものまね」は、従来の「声帯模写」「形態模写」とは一線を画す知的なパロディネタとして好評を博している。

「作詞作曲ものまね」とは、アーティストの思想、作風の「文体」を模写する芸で、あくまでアーテストの”作詞方法”、”作曲方法”を真似るのがそれであるとしている。
対象と同化することを目的化するのがいわゆる「ものまね」であり、”本人になりきること”を目的とせず、物真似は”ネタのための手段”と考えるマキタは「自分はものまね芸人ではない。」と言っている。(「もともと作詞作曲ものまねは、いい音楽聴くためと、作るための方法論の提示だった。」とも言っている)
各ジャンルをクロスオーバーさせながら独自の活動を展開させる彼を認める著名人、クリエーター、ミュージシャンらも多い。(高田文夫、草野仁、大根仁、倉本美津留、しりあがり寿、天久聖一、佐野元春、銀杏BOYZ、サンボマスター、スチャダラパーetc)
2010年東京スポーツ映画大賞エンターテイメント部門「期待賞」を受賞

21.山口隆(サンボマスター)『僕の創作ノート』

著者プロフィール/山口隆(サンボマスター)

スリーピースロックバンド サンボマスターの唄とギター担当。2000 年に結成され2003年にオナニーマシーンとのスプリットアルバムにてメジャーデビュー。熱量あふれる歌詞と、圧倒的な音世界で大勢のファンを惹きつけ続けている。

出典http://www.webdoku.jp/premium/merumaga/page/s_hakase.html

【博士による著者紹介】

言わずと知れたサンボマスターのボーカル。
僕とはプライベートにつきあいのある友人でもあり、オトナになってから本気で好きになった年下のロックバンド。
そして彼はこの『水道橋博士のメルマ旬報』の熱心な読者。

この熱き詩人のぬくもりに用があるから今回の起用です。
できっこないをやらなくちゃ!!
このサンボマスターの言葉のツブテを浴びろ!

出典http://www.webdoku.jp/premium/merumaga/page/s_hakase.html

22.坂口恭平『首相動静~水道橋博士への日記書簡~』

著者プロフィール/坂口恭平

坂口亭家元。新政府初代内閣総理大臣。夢師。親友。tel:090-8106-4666 mail kyohei88@gmail.com 三菱東京UFJ銀行高円寺支店 普通1458155 サカグチキョウヘイ http://www.0yenhouse.com http://twilog.org/zhtsss

【博士による著者紹介】

ボクが今、最も注目しているまだ35歳の若き新政府総理大臣。主に熊本在住だが、日本の各所に新政府の領地を持ち、世界中からアーティストとして招聘され外遊する外交官。「建てない建築家」であり「現代思想家」であり「芸術としての政治家」であり「シングルCDを発売した音楽家」でもある「空海」の生まれ変わり。
昨年、面会を果たし個人的にも懇意になり、ボクも新政府の国民にもなった。現在、躁鬱を繰り返す性格的サーカスを日常に繰り広げ、綱渡りを続ける生き様エンタテーナー。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11