1. まとめトップ

[就活]で大切な靴選び(男性編)

就職活動を始める時に準備するものとして、靴があります。様々な種類がある靴から就職活動にふさわしい一足の選び方をまとめました。

更新日: 2012年12月02日

uuucoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 40533 view
お気に入り追加

就活靴の選び方

「踵が削れている靴をはいている就活生は即刻選考落ち」(某大手メーカー)という企業も実際にあるくらい、実は一番大事と言っても過言ではありません。

相手に見られるのだから良いものを買おうとする方も多いと思いますが、
高い靴は履きなれるのも時間がかかり、キレイに扱うことも重要になってきます。
基本的には履き心地を優先することをお勧めします。

就職活動に便利な靴は、ひも付きのプレーントゥやストレートチップ。足元に品格が出るので、気が抜けないこだわりある自分を表現できます。逆に紐が装飾されていないローファーなどは就職活動にはミスマッチ。

プレーントウの靴とは、「爪先や縫い目などに何も飾りを付けてないシンプルなスタイルの靴」

紐なしシューズは全般的にビジネスむきとはいえないので 、就職活動中は注意が必要。また、紐つきであってもパンチングや飾りのあるウィングチップなどはカジュアルよりのデザインとされているので避けたほうがよいでしょう。

購入の際の判断基準

靴底を押してみて硬く、靴先とかかとを持ってグイッと曲げようとしても、折れないタイプのもの

靴底がやわらかいものは、歩くと疲れやすいです。

合成皮革のものは値段が安いのですが、丈夫とは言えません。面接が多いと、最後まで持たないかもしれません。また、すぐにしわが寄るので、手入れの悪い印象になります。

入社後のことを考えて靴底のラバーはゴムタイプのものであれ
ば、運動靴感覚で歩きやすいので、疲れにくいと思います。

サイズ

靴は横方向にはある程度伸びます。縦には伸びません。
爪先が靴に当たってしまうようなら小さすぎ、いくら履いても、履きなれることはありません。
一般的には爪先の余裕が少なくとも1cm以上は必要だと言われています。
適切なサイズを購入しましょう。

最後に

自分に合う靴を買うことが無事できましたら、靴の手入れも必
ず行うように心がけてください。

汚れた靴を履いて面接に行くなんてことは、絶対にないよう気をつけてください。
足元は、意外と見られていますよ。

おすすめサイト

1





uuucoさん