1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

valveldeさん

上杉隆氏が夕刊フジの連載「原発崩壊」にて郡山市役所の放射線量が低いのは計測前に水洗いをして放射線量を下げていると記載

上杉隆氏の発言の推移

当初郡山市役所の放射線量は毎時1.0-1.3マイクロシーベルトと言っていたが、ある日を境に毎時1.8マイクロシーベルトに変わった。1.8マイクロシーベルトという数値は2月11日に側溝で計測した数値と同じ。

郡山市役所前なう。毎時1.0-1.3マイクロシーベルト。国の基準なら除染対象区域ですね。

放射性物質汚染対処特別措置法での除染対象なう。 twitpic.com/8ibumj

側溝での計測値。毎時1.8マイクロシーベルト

しかし、なんといっても驚くのは福島県内の空間線量の高さである。事故から11ヶ月たったいまでも線量は下がらない。
たとえば、先週末、自由報道協会の有志の会が開いたシンポジウム会場近くの郡山市役所でも、地上1メートルの空間線量は、毎時1.0~1.3μシーベルトを計測している。
同じ日、福島の地元新聞では、毎時0.6μシーベルトとなっていたが、その誤差はなんど計測しても埋まらなかった。
さらに道路わきの側溝で測れば、線量計の数値は、簡単に毎時1.8μシーベルトを超える。

出典『上杉隆の東京脱力メールマガジン』(2012.2.14) Vol.104『飛行機とホットスポット 放射線量の実際』

また2月、筆者が、郡山市役所前で測った地上1メートルの空間線量の値は毎時1・8マイクロシーベルトを超えた。一方、同じ日「民報」「民友」では、同じ地点での線量が0・6マイクロシーベルトとなっている。

市役所前で1.8マイクロシートベルト。 RT @TOHRU_HIRANO 郡山市には2度ほど行ったけど、ガイガーカウンターのアラームが鳴り止まなかったけどね。駅前で1マイクロ。住むのは自由。チェルノブイリは、0.5マイクロで立ち入り禁止(youtube.com/watch?v=W2CwwJ…

2月11日高さ1㍍です。 RT @makototokam: いつの話をしているんだろうか。3/21日現在市内でも高めな郡山市役所前道路側高さ1m計測で0.7μSV/h程度。参考に。地元報道機関勤務より。 RT 市役所前で1.8 @TOHRU_HIRANO

上杉隆氏の反論

上杉隆の「デマ疑惑」の件につきまして。
ご不安を与えている上杉隆の「デマ疑惑」ですが、むしろ「デマ」と
現在調査中ですが、上杉を名指ししている方々の方が「デマ」である可能性が高いようです。

ご参考までに下記をご覧いただければ幸いです。
http://togetter.com/li/399219
みなさまのご賢察を心より願っております。

1