1. まとめトップ
  2. 雑学

ここまで鍛えられる!脳の鍛え方まとめ

「認知適応性」を高めれば脳は進化し続けると脳科学研究の結果で成果が出ています。脳を喜ばせるために、一生懸命に遊び学ぶ。左脳のパターン認識力を鍛えるために認知訓練を励行する。右脳の力を高めるために、新しいことにチャレンジする等々。色々と鍛え方があるようです。

更新日: 2012年12月02日

kotetsu1968さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2333 お気に入り 183417 view
お気に入り追加

脳は死ぬまで鍛えられる

「認知適応性」を高めれば脳は進化し続ける

認知適応性とは、推論、記憶、学習、計画、適応の能力が最適化された状態との事。これを高めるには次の4つのステップがあるそうです。

プロゴルファーが正しいスイングの手本を見せる
  →ミラー・ニューロンが活性化し、正しい動きが頭のなかでイメージされ、その経験に学べる。身体的なスキルだけでなく、顔の表情やしぐさ等

認知の健全性を増進しうる効果的な方法として、遊びに真剣に取り組むことが挙げられる
 →遊ぶ能力=創造力や発明力の確信になっている能力を意識的に活用する

異なる意見に耳を傾けたり、これまで無関心だった書類の書物や記事を読んだり学習目的を絞って、どこかに出かけてみたりするとよい

右脳は新しいことを学べば学ぶほど、学習能力が高まる

神経科学が教える「認知適応性」の訓練法

あまり出向くことのない場所に足を踏み入れることは、視野を広げるのにもってこい

ユーモアは洞察力を刺激し、健康を増進する

チェス、数独なのどゲームは神経系を鍛えるのに適している

演じることは発見することである

そこで、自分の心の声に耳を傾け、なおざりにしているものを突き止める

旅は、脳に刺激を与える絶好の機会である

初めて目にして興味をそそられたものがあれば、必ずメモに書き留める

聴覚や視覚、触覚のネットワークと脳を結ぶ経路は無数にあるが、最新技術に触れることでこれらの経路が活性化される

脳は独立したものではなく、心循環系を強くする運動、適切な食生活、規則正しい睡眠などの音型に浴する基幹の一つである

◆参考リンク

脳にいいアプリ (サプリではありません)

1





とりあえず気になったことをまとめ記事にしています。

このまとめに参加する