1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

MediaMさん

O2O

O2Oとは、主にEコマースの分野で用いられる用語で、オンラインとオフラインの購買活動が連携し合う、または、オンラインでの活動が実店舗などでの購買に影響を及ぼす、といった意味の用語である。

O2Oという表記は、B2BやB2Cといった表記の流れを汲んでいるものとされる。「B2B」は「Business to Business」の略で、企業同士の商取引を意味し、「B2C」は「Business to Customer」の略で、企業と一般消費者との間の商取引を意味する。O2Oの場合はオンラインとオフラインとの間の連携・融合といった意味合いを含む。

「和民」「坐・和民」「わたみん家」など、お近くのワタミ店舗を検索すると、他では手に入らない時間限定・枚数限定のクーポンを手に入れることができる。

「30分以内に来店したらお会計から20%オフ!」といった超お得な時限クーポンを取得することができる。

客単価と回転率が勝負。お客さんにも値引っていうカタチで還元しつつ、回転率をコントロールできる

リクルートでは、数千万単位の会員データベースを有しており、各メディアを横断した展開により、顧客の継続利用を促している。

◆参考サイト

1