1. まとめトップ

カラダと環境にやさしい 重曹・クエン酸で大掃除(ガスコンロ編)

いよいよ今年も残すところ1ヶ月。重曹とクエン酸を使ってカラダにも環境にもやさしく、家中をぴっかぴかにしてしまいましょう!

更新日: 2013年01月11日

153 お気に入り 84934 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ahiru222さん

このまとめでは2011年国民生活時間調査結果(NHK放送文化研究所調べ)の「大掃除 ここだけはやっておきたい場所ランキング」で上位になっている場所を、重曹やクエン酸を使って掃除する方法についてまとめています。
今回紹介する箇所以外にも、随時まとめていく予定です。まとめの最後にリンクを掲載しますので、気になる場所のチェックをしてみてください!

■さあ、年末です。大掃除です。

大掃除 ここだけはやっておきたい場所ランキング

2011年国民生活時間調査結果(NHK放送文化研究所調べ)より

第1位 換気扇 (22%)
第2位 ガスコンロ周り (17%)
第3位 窓、網戸 (15%)
第4位 風呂場のカビ取り (12%)
第5位 普段手の届かない棚の上など (10%)
第6位 トイレ (5%)
第7位 玄関周り (4%)
第7位 冷蔵庫 (4%)
第9位 本棚、CDラック整理 (3%)
第10位 排水溝・排水口 (2%)
第10位 カーテン (2%)
第10位 自家用車 (2%)
第13位 その他 (1%)
第13位 庭/ベランダ (1%)

やはり普段なかなか手が行き届かない場所の掃除が高順位につける結果に。
今回は第2位のガスコンロ周りのお掃除について紹介していきます。

■ガスコンロ周りの掃除の基本の「き」

まずは窓の汚れの正体を見極めましょう。

料理の油や煮汁が飛び散るガスコンロまわりの汚れは、大半が油汚れ。 油汚れは時間がたつと取れにくくなるので、ついたら早めのひとふきが、お掃除時間短縮のカギです。

こまめに掃除することがキレイを長続きさせる&掃除を楽にするコツですが、今回は大掃除なのでガンコな汚れも頑張って落としましょう!

油汚れの掃除と言えば、そう!重曹です。
続いては、汚れのレベル毎に、重曹を使った掃除方法を紹介します。

■ガスコンロ周りの掃除 レベル1

まずは軽い汚れの場合について

重曹水をスプレーし、アクリルたわしで擦る。

重曹水は市販の重曹をお湯(65度以上)で溶かして作れます。量の目安としては、お湯200ccに対して、重曹は小さじ1~2杯程度です。

アクリルたわしでこすった後、クエン酸水でふき取ります。

クエン酸水は重曹を使った後の中和剤として、また、除菌効果もあります。

クエン酸水の目安は、250mlの水に、クエン酸を小さじ1、2杯です。
汚れに応じてクエン酸の濃さを加減してください。

クエン酸水を濃く作れば、酸性の力で水垢落としやこびり付いた汚れの剥離に使えます。

■ガスコンロ周りの掃除 レベル2

次はちょっと頑固な汚れの場合について

今度は粉末状の重曹の出番です。

まずは、五徳などの外せる部品を外します

外した部品は重曹水につけおきして油汚れを浮かせましょう。可能であれば、重曹水をお鍋に入れて10分程煮たたせ、火を止め1時間程つけおくと、さらに汚れが落ちます。
重曹水は温度が高いほど油汚れを落とす力が強くなるので、つけおきだけの場合も、水の温度を高くしてあげると効果的です。

撒いた重曹の上に、濡らしたキッチンペーパーを敷き詰めていきます。

一枚ずつ丁寧に濡らして軽くしぼったものを置いていってもいいですし、ペーパーを置いた上からスプレーで水をかけてもOKです。キッチンペーパーの湿布をするような感じで、全体をしっかりと覆ってください。

30分以上時間を置いて、全てを拭き取ります。

覆っていたキッチンペーパーでおおまかな部分を拭き取った上で、濡らしたTシャツの切れ端などで重曹を残らず拭き取ってください。

五徳などの部品は、水洗いした後で乾燥させればキレイになります。

水洗いだけでは油が落ちきらない場合、スポンジなどで軽くこすって落としてください。

重曹は拭き残りがあると乾いてから白く浮いてしまいます。残らず拭き取りましょう。

最後にクエン酸水でふき取りをすると、中和されてちょうどよいです。

■ガスコンロ周りの掃除 レベル3

最後に、ものすごく頑固な汚れの場合について

1 2