1. まとめトップ

学会発表でのポスター作成時に参考になるまとめ

学会発表のポスターは慣れないと大変だと思いますので、参考になるサイトを集めてみました。

更新日: 2016年07月01日

51 お気に入り 220938 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hyonsokuさん

準備

1)データ集め。とにかくポスターにのせるデータを貼る。figureは6個くらいはほしいか。。
2)ラフなレイアウトを決める。
3)figure legendをかく。figure titleに色を付ける。legendの最後に結果を1文入れる。これも色を付ける。
4)summary。何か内容を示す図を作る。分かったことを箇条書きにする。
5)タイトル。一番上にでかく書く。中央配置。
6)著者名。大学のロゴを横にいれてグループ化後、中央配置。
7)最終確認。

引用の一部省略

良いポスターとは何か

1. 重要な情報は3メートル先からでも読めるか
2. タイトルは短くて興味を引くものであるか
3. 文字数は約300〜800単語であるか
4. 文章は簡潔で要領を得ているか
5. 箇条書き, ナンバリング, 見出しを使って読みやすくしてあるか
6. 図, 色, フォントを効果的に使っているか
7. 一貫性があり綺麗なレイアウトか
8. 謝辞, 名前, 所属が記載されているか

これらの点をチェックしながら、ポスターを作製していきましょう。

構成

ページ設定

PaworpointやKeynoteでポスターを製作する場合は、ページ設定でA0やB0のサイズを設定しましょう。

A0: 841 × 1189 ミリ
B0: 1030 × 1456 ミリ

ですが、私はWordやPagesを使ってA4サイズで作製したものをPDFに出力して、プリンターの設定をA0にして印刷しています。

レイアウト

ポスターを読む人の視線を意識して、図を配置しましょう。上から下へ、左から右へ流れるように読めると、良いでしょう。

デザイン

印刷

発表するときは…

もちろん中味は重要なのですが、簡潔に表現しましょう

だらだらと長く話すと飽きてきますよ。

1