1. まとめトップ

初めてでもさくっと。チラシ/ビラ/広告の作り方のコツ

サークルや趣味のイベントの宣伝から、職場での掲示物、自営業の宣伝まで。チラシ作りで欲しくなる情報を集めました。フライヤー、広告、DM作成にも。(テンプレート、デザインのコツ、作例ほか)

更新日: 2017年03月22日

izumi03さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1187 お気に入り 624395 view
お気に入り追加

作り始める前に

チラシのイメージを紙に描きだす
①コンセプトを決める
②載せる情報の精査
③全体的なイメージを考える
④必要素材を集める
⑤ラフスケッチに挑戦

①何をアピールしたいのか、誰をターゲットとしているのか…など
②店名、営業時間、地図、メニュー、料理写真、クーポン…など
③「はっきりとイメージが浮ばない…」という方は、同じ目的で制作されてあるチラシや
  HPなどを見て、デザインのイメージを固めていくのもアリかもしれません
④写真や地図、ロゴマークなど必要な画像素材を用意しましょう。
⑤いきなりパソコンで作成し始めると、行き当たりばったりでかえって悩んでしまい、
 アイデアも出ず無駄に時間がかかってしまいます。
 手書きのラフスケッチでいいので、作るデザインを具体化し
 スムーズに作成に取り掛かれるようにしましょう。

写真素材

・オンラインで画像を加工したい時に便利なサイト 3 つ | バシャログ。
http://c-brains.jp/blog/wsg/12/05/30-190805.php
・Adobe製品の代わりに使える無料アプリ10+ | Webクリエイターボックス
http://www.webcreatorbox.com/webinfo/adobe-alternatives/

テンプレート(Microsoft Office)

デザインが苦手でも大丈夫。写真と文章を差し替えるだけで使えます。
※ヤフーやグーグルで検索する時は、「チラシ 無料 テンプレート」よりも
「美容院 チラシ テンプレート」など詳しく入力すると
目的に合った物も見つかりやすいです。

デザイン、レイアウトのコツ

フォントと文字組み

地図

地図作成のポイント
①下絵を準備して入れる要素を整理する。
②道幅と文字は、大・中・小の3ランクにまとめる
③目的地は目立つようにする。

出典新人デザイナーの仕事

お金を出して時短

チラシ作成の知識

1 2





気になって集めたものを整理。


個人的メモ
2012/12開始
2016/12/10申請済



  • 話題の動画をまとめよう