1. まとめトップ

【報道されない】日本維新の会の公約から消えた「カジノ構想」の【裏事情】

石原慎太郎氏、橋下徹氏、両氏の「カジノ構想」は日本維新の会の公約にはない。なぜ消えたのか? 掲げることのできない「裏事情」があったようだ。

更新日: 2013年03月22日

4 お気に入り 11797 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

原告Aさん

ニュース

カジノ案再浮上

<維新の会>橋下氏、カジノ法案提出へ

出典毎日新聞 1月26日

橋下代表はカジノを含む統合型リゾートを大阪に誘致する為、カジノを合法化する法案を28日召集の通常国会に提出する考えを示した。大阪府・市も13年度予算案に、誘致に向けた調査費を計上する方針。橋下氏は「大阪で取りにいく」と話し、誘致を強調。

当然の期待と予想

浮かんでは消える日本のカジノ構想だが、今度こそ実現へ向けた強い力が働くかもしれ ない。次期衆院選の台風の目となっている日本維新の会率いる橋下徹大阪市長、新党 結成を表明した石原慎太郎前東京都知事がともに、カジノ構想に前向きだからだ。

出典カジノ新聞

ところが・・・

「マカオのカジノ王」と呼ばれる何鴻●(スタンレー・ホー)氏の息子である何猷龍(ローレンス・ホー)氏は7日、香港で記者会見し、日本市場進出に関心があることを明らかにした。ローレンス氏はマカオでカジノを運営しているが、日本での「カジノ解禁」も視野に、準備を進めていることを示唆した。
日台での「ロビー活動」がどの程度のものかは不明だが、カジノ規制緩和が実現した折には、進出する意欲が強いことを明らかにした。

出典日本経済新聞2011/12/7 21:08

隠蔽

石原氏の後援のユニバーサル(旧アルゼ)会長が比でカジノ施設認可を巡りアロヨ前大統領に不正な資金を送ったとロイターが報じ、それを受けて米カジノ規制当局が動いたという話。

ユニバーサルがフィリピンのカジノ用地を購入した際、実務で動いたのは「石原銀行」と呼ばれた新銀行東京の元執行役・丹治幹雄氏だ。


出典Business Media 誠:窪田順生の時事日想

”石原新党が公約に「カジノ実現」を言わないのは何故か。悪しき横並びの記者クラブメディアはそんな事には触れないが、Biz誠は報じる。

”スキャンダルになる可能性が高いからだったんですね(゜ロ゜;ノ)

”今話題にされていることではなく、ある話題に触れなくなったことに気付くのは難しい。

”今のマスメディアのやり方だと、みんな同じこと言ってるだけだからあんま意味がないわな。論点が違うだけでもだいぶ深みが出るのに、どこも「原発」「経済」だけだもんね。

”「ロイターの報道が事実かどうかは定かではないが、石原代表と橋下代表代行がリスクヘッジとして、カジノを引っ込めたのは容易に想像できる」ですってよ。

”これはスキャンダルではないのか?石原氏のカジノ関連。

”なーるほどねー。安倍氏の怪しげな支援者(団体,宗教法人など)とかときどき囁かれるが慎太郎のももっとオープンにすべきだよね

記事を読んだツイッター民のツイートそれぞれ

これまでの「カジノ構想」

税収を増やすためにお台場カジノ構想を提案していたが、現行の法律ではそれができず、実施には国会による法改正を必要とするので実現見通しが立たず2003年 (平成15年) に正式に断念を発表(現在の日本においては、公営競技や宝くじ、スポーツ振興くじ等別途法令で指定された以外の賭け事は全て、賭博開帳図利罪に問われるギャンブルである)。
出典;wiki

石原慎太郎氏のカジノ構想

都庁にスロットを置き、プレイをしたパフォーマンスが印象的だったが、機器を卸したとされるマツイゲームマシン(違法賭博場への卸業者で、従業員が逮捕された企業)(石原氏設立の日本カジノ学界に参加)という企業との関連、特定のカルチャースクールに日本カジノスクールという名称を付与した点も物議を醸した(カジノ学校を一社に限定したのは、一般競争入札原則に抵触)。

橋下徹氏のカジノ構想

橋下徹・大阪市長が、カジノ誘致の候補地として、大阪湾岸の人工島「夢洲(ゆめしま) 地区」を検討しているとのことである。 ...

出典読売新聞2011年 12月16日(金)14時37分配信

1