1. まとめトップ

ケイト・モスの参考になるジャケット&デニムコーディネート術【参考画像集】

ジャケットとデニムの合わせ方が抜群に上手いケイト・モスのコーディネート術です。低身長な日本人の体型でも真似しやすいスタイルをピックアップしました。ブーツやストールを上手く使えばさらにスタイリッシュになるようなスタイルが満載です。

更新日: 2012年12月06日

73 お気に入り 52166 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kingyonofun1さん

主役の白いジャケットを重くしない薄めトーンのデニム。折り返したベージュのムートンブーツのボアがアクセント。

薄めトーンのデニムにグレーのかっちりジャケット。ベルトとインナー、パンプスを黒で統一する事で一体感が生まれる。さりげなく巻いたストールがアクセントです。

厚手のジャケットと薄めトーンのデニム。全体的に茶系で統一しているさりげなさ。ショートブーツとバッグの合わせがアクセント。

ハードなライダースジャケットも足下の茶系ブーツでハード過ぎ内演出が絶妙。インナーチョイスがGOOD♪

黒のインナーボア付きジャケットもベージュのショートムートンブーツを合わせることで重くなり過ぎない。

ホワイトデニムを黒のハイカットブーツを合わせて。黒×白のバランスが絶妙!

インナー&デニムを黒で統一。暖色系大判ストール風ジャケットでレトロ感を演出。

黒の配分がパーフェクト!薄めトーンのデニムが映えます。

縦ラインを黒で統一。ジャケットと茶系のベルトがアクセントになっています。

デニムの色が映えるジャケットとショートブーツの黒の組み合わせでシンプルスタイル。

グレーで統一したコーディネートもベルトをあえて茶系にする事でまとまり過ぎない外したラフスタイルに。

白のシャツがより映えるよう、あえて薄めトーンデニムと茶系ジャケット&ショートブーツを合わせて。

編み上げブーツとショートジャケット。デニムのショートパンツも大きめアクセで目線を上にしてバランスよく。

ブーツ&バッグを茶系で統一。モダンでシンプルなスタイル。

黒のジャケットもインナーにチェック柄をきかせて。シックになりすぎないように帽子がアクセント。

普通のデニムもビビットだけどどこかレトロな赤のジャケットを合わせることでこんなにもお洒落♪

ケイト定番の黒ジャケット&ショートブーツもやはりベルトを茶系にする事でアクセントになって低身長をカバー。ストールで目線を上に。

黒の定番キレイめジャケットも、茶系ブーツを合わせるだけで、ハッと目をひくスタイルに変身。

薄めトーンデニムを合わせる事でより黒ジャケットとショートブーツがしまって見える女性らしいコーディネート。

ハードなジャケットとインナーも足下のヒールの高い黒のブーツで女性らしさを演出。

キレイな緑のジャケットとスタッズベルト&バッグの組み合わせ。編み上げショートブーツで女性らしさを。

黒で統一したスタイルもボーダーインナーでかわいくシンプルに。

全体的な黒のコーディネートもインナーをグレーで合わせる事で重くなりすぎない。

赤ジャケットとボーダーインナースタイルもフラットシューズを合わせる事でこんなにお洒落。

全身黒のスタイルも異素材を合わせる事でよりレザージャケットが際立つスタイル。

淡いトーンのスタイル。暗めのベルトを合わせることで全体的にぼやけずしまる。バッグとのコーディネートもGOOD♪

ジャケットの素材感がアクセントのスタイル。形のいいジャケットはそれだけで存在感があるので他はシンプルに。

ストール、バッグ、ベルト、ブーツを黒で統一。小物を黒で統一する事でインナーとデニムの色が一層映える。

個性派ジャケットはシンプルなコーディネートで。バッグとブーツの黒がアクセント。

こちらはファージャケットとブーツの色を統一して。重ね着したインナーがゴージャス過ぎないいいアクセントになっている。

1 2