最高裁の裁判官は、任命後初の衆議院議員総選挙の投票日に国民審査を受け、その後は審査から10年を経過した後に行われる衆議院総選挙時に再審査を受ける。

国民が司法に対して「民主主義」を直接突き付けることができる「唯一の機会」です。本当にその裁判官を「信任」してよいか、一度考えてみましょう。

国民審査の投票用紙にはそのときに国民審査の対象となる裁判官の氏名が記されており、投票者は罷免すべきだと思った裁判官の氏名の上に×印を書き入れる。投票者の過半数が×印をつけ罷免を可とした裁判官が罷免される。×印以外の記号を投票用紙に書いた場合は、その投票用紙は無効となる。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【選挙】この人に裁判を任せても大丈夫? もうすぐ国民審査の機会が【裁判】

独断と偏見で取捨選択しました。選択基準は「記憶に残った裁判」かどうかです。良い悪いを表明するものではないです。

このまとめを見る