1. まとめトップ

大仁田厚は涙のカリスマ!デスマッチプロレスの教祖!

かつて有刺鉄線電流爆破デスマッチで死闘を演じた大仁田厚を讃えよう!ファイアー!!

更新日: 2012年12月07日

0 お気に入り 9657 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jm7rtiさん

シークとデスマッチで一酸化炭素中毒はやばかった・・・ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチで切り口に細菌が入って死にかけたのはすごすぎ!

力道山が礎を築き、まな弟子であるジャイアント馬場、アントニオ猪木らが受け継いだ日本のプロレスは、四角いリングで生身の男たちが鍛え上げた肉体と魂をぶつけ合う闘いこそ本流といえる。長い間、誰も疑いを持つことのなかったその既成概念、つまり王道プロレスに大仁田厚は、真っ向から異を唱え、邪道と言われながらもデスマッチというスタイルを定着させた。

FMW 大仁田ドキュメント PART1

1989年に旗揚げしたFMWが、1991年に初の川崎球場進出までを追った密着ドキュメンタリー。
創成期のメンバー、ターザン後藤、工藤めぐみ等も登場。

1