1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

tmkn101さん

震度7とは

1949(昭和24)年に制定された気象庁震度階級における、もっとも高い(強い)震度。激震。

実際に震度7を記録したのは

初めて震度7を記録した地震は兵庫県南部地震(阪神大震災)である。

地震計で震度7が観測されたのは、新潟県中越地震(2004(平成16)年10月23日、新潟県川口町)、東北地方太平洋沖地震(2011(平成23)年3月11日、宮城県栗原市)のみである。

平成28年(2016年)熊本地震でも観測

14日午後9時26分ごろ、熊本県を震源とする地震があり、同県益城町で震度7の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは約11キロ(暫定値)、地震の規模(マグニチュード)は6.5(暫定値)と推定される。この地震による津波の心配はないという。震度7の揺れが記録されたのは2011年3月の東日本大震災以来

気象庁は20日、16日午前1時25分に熊本県熊本地方で発生したマグニチュード(M)7.3の本震で、同県益城町と西原村で震度7を観測していたと発表した。益城町では14日夜のM6.5の前震でも震度7を観測していた。同庁によると、同じ場所で震度7が2回起きたのは観測史上初めて。

震度7の揺れとは

立っていることができず、はわないと動くことができない。揺れにほんろうされ、動くこともできず、飛ばされることもある。

固定していない家具のほとんどが移動したり倒れたりし、飛ぶこともある。

Q 震度6強と同7とで揺れはどの程度違うのか。

 A どちらも、はわないと動くことができないほどの激しい揺れで、違いは実感できない。ただ、震度6強だと、傾いたり倒れたりする多くが耐震性の低い木造建物にとどまるが、同7になると、鉄筋コンクリートの建物でも耐震性が低ければ倒れてしまう。建物が損壊する比率は数倍に跳ね上がるとされる。

家屋の倒壊は30%以上で山崩れ/地割れ/断層を生ずる。耐震性の高い建物でも傾いたり、大きな破壊を受ける。自分の意思では行動できないほど揺れる。
阪神淡路大震災:震度7 600~800ガル

震度7を体験できる施設

震度7が今後想定さている地域

震度7の地域があるのは静岡、愛知、三重、兵庫、和歌山、徳島、香川、愛媛、高知、宮崎の10県(同7県)で、震度6強以上があるのは21府県(同9県)だった。

南海トラフ巨大地震の被害想定資料 (内閣府)

1