1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

目を逸らすな“失敗の連続”という道の先に成功がある!

失敗学のススメ。まとめの型式は、NAVERまとめ編集コンペ優秀賞を受賞された西原壮聡さん の「【大人なら知っておきたい】日本料理の“華”! 椀盛の小宇宙」を参考にさせていただきました。

更新日: 2012年12月14日

546 お気に入り 27473 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ぐのっちさん

=【そもそも】 「失敗学(しっぱいがく)」とは?=

失敗を正しく学び、活かす学問

出典『図解雑学 失敗学』

失敗は「してはならないもの」、「避けて通らないといけないもの」といったマイナスのイメージがあります。また、失敗を恥ずかしく思い、目を逸らしたくなります。

しかし、失敗を“成功の母”にするためには、失敗をきちんと見つめ、そこから原因を学ばなければいけません。だれしもが通る失敗の道。ゴールは成功に繋がっているのです。

=【なぜ】「失敗学」が“成功するために必要”なのか?=

失敗のマイナス面を意識してしまえば、それはきっと嫌なものであるに違いありません。しかし、失敗を反面教師にして見ることでプラス面が見えてきます。

映像は、福島第一原発の事故原因を調査するため、第三者による検証委員会の設置を閣議決定した際のニュース。原発事故調査委員長に「失敗学」研究の第一人者畑村洋太郎氏(東大名誉教授)が就任した。失敗を体系的に分析した失敗学は、原発事故はもちろん、失敗があるところすべてに応用ができます。

=【理論編】「失敗学」を知るための名著3選=

「失敗学」を理解するためにまず読むべき書籍をチョイスしました。失敗の「原因」と「結果」や1:29:300の法則など基礎知識が掲載されているので、失敗学に対する理解が深まります。

1、「失敗学のすすめ」畑村洋太郎/著 講談社文庫

世界の三大失敗をご存知だろうか。タコマ橋の崩壊、コメット飛行機の墜落、リバティー船の沈没…。これらは人類に新たな課題を与え、それと向き合うことで我々はさらなる技術向上の機会を得た。一方日本では、JCO臨界事故、三菱自動車のリコール隠し、雪印の品質管理の怠慢など、失敗の隠匿がさらなる悲劇を引き起こした。

本書は、親しみやすい入門書の形で我々に「失敗学」の重要性を伝えている。世界の失敗の歴史についても多く扱っているので、読み物としても楽しめる。

失敗の原因には階層があり、個人の技術の未熟さから発生するものと、指導の悪さから、マニュアルの不完全で起きるものと、会社や組織の構造上の欠陥から起きるもの、果ては、社会や文化を原因にして起きるものがあると説明しています。
まさしく「失敗学」と呼ぶに相応しい名著です。

2、「失敗学(図解雑学)」 畑村洋太郎/著 ナツメ社

機械の普及が進むに従って、便利になる反面、事故がおこる機会も増えてゆきます。残念ながら、それらの事故が完全になくなることはあり得ません。

本書は、そうした過去の失敗に蓋をして覆い隠すのではなく、あえて白日の下にさらすことで、同じ失敗を繰り返すことを防ぎ、失敗の原因を研究することによって生まれる、さらなる技術を創造すべきだ、とする失敗学の解説書です。

これからは 「こんな説明書」が必要だ。という言葉に うなづくこと 間違いなし!
→3時間もあれば読めます
この本を足が掛かりに さらに深い「失敗学」の世界へ・・・

3、「失敗学実践講義 文庫増補版」 畑村洋太郎/著 講談社文庫

トヨタ、JALはいったい何を間違えたのか失敗を研究すれば、組織や会社は強くなる! 六本木ヒルズの回転扉事故やJALの連続トラブルなど、具体的な失敗例をもとに、危機回避の要諦と方法を説く実践書

失敗というのは、自分には直接関係がないように見えるものでも、視点を変えることで、たちまち生きた題材に変わるようです。

=【導入編】「失敗学」の3つのポイント=

理論編で紹介した書籍は、図書館にもあるかもしれませんので、興味がありましたら借りてみてください。それでは「失敗学」のポイントを3つ、導入編として紹介します。

1、「失敗」には階層がある

出典www.ne.jp

ピラミッドの底にあるのは、無知・不注意・不順守・誤判断・検討不足という、個人に責任がある失敗です。

階層が上に行くほど手痛い失敗となり、その責任も社会性を帯びてきて、個人の手から離れていきます。

2、「ハインリッヒの法則(1:29:300の法則)」

「ハインリッヒの法則」は、1個の「重大な事件・事故」には29個の「何らかの事件・事故」が隠れており、さらには300個の「ヒヤリ・ハット」が隠れている。というものです。

つまり「ヒヤリ・ハット」をしっかり検討することがかかせないのです。

3、10項目の失敗原因

1,未知
2,無知
3,不注意
4,手順の不順守
5,誤判断
6,調査・検討の不足
7,制約条件の変化
8,企画不良
9,価値観不良
10,組織運営不良
失敗の原因をカテゴライズすることにより、失敗原因を突き止めるためのフォーカスがしやすくなります。

※画像は「学校教育の失敗原因」

関連リンク

さらに詳しく「失敗学」を学んで、失敗を大きな糧に変えましょう。

1