1. まとめトップ
  2. 雑学

”日本とはスケールが違う”世界征服者たちの最大領土

世界征服者たちの最大領土をまとめてみました。

更新日: 2013年01月02日

191 お気に入り 166111 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yosisanさん

世界最大の帝国を築いた”チンギスハーン”

東は日本海から西は地中海に至る史上最大の帝国”モンゴル帝国”

チンギスハーンは敵対したものでも有能であれば味方にする器量を持ち、宗教にも寛容であった。このような考え方が、帝国を大きくする原動力となった。

現在の中国領土を確定させた清王朝の始祖”ヌルハチ”

現在の中国とモンゴルを合わせた、中国史上最大の王朝となった”清帝国”

ヌルハチ以降、康熙帝・雍正帝・乾隆帝と3代に渡り有能な皇帝が続き、清王朝は最大版図を獲得するにいたった。

ローマ帝国の最大版図を現出させた”トラヤヌス帝”

ヨーロッパ・小アジア・中東・北アフリカにまたがる、地中海沿岸地域を含む大帝国となった。

ローマ帝国は、15世紀にオスマン帝国に滅ぼされるまで、1800年以上続いた世界史でも稀に見る長さの帝国でもあった。

最古の世界帝国を確立させたマケドニアの”アレキサンダー大王”

西は地中海から東はインドまで、中東地域の大部分を含む広大な領土を獲得した。

彼の寿命が後20年伸びていたら、ユーラシアの歴史は今とは異なったものになっただろう。

モンゴル帝国の再興を夢見た鉄の男”ティムール”

中央アジア・西アジアにまたがる広大な版図を彼一代で獲得した。

ティムールは類稀な軍事的天才で、戦いには生涯一度も負けたことがなかった。広大な版図は、まさしく彼が一代で築いたものだった。

イスラム世界最大の版図を誇ったオスマン帝国の”スレイマン1世”

第10代皇帝スレイマン1世の時代に、東ヨーロッパ・小アジア・北アフリカ・中東に及ぶ大版図を誇った。

人種や宗教の違いによって国民を差別しない政策をとった事が、多民族帝国を支える礎となった。

太陽の沈まない国と称されたスペイン帝国の”フェリペ2世”

北米・南米・フィリピンと広大な植民地を獲得、圧倒的な海軍は無敵艦隊と呼ばれた。フィリピンの国名は、フェリペにちなんでいる。

16世紀中盤から17世紀前半までの約80年間はスペインが史上最も繁栄した時期であり、黄金の世紀と呼ばれた。

フランスの最大領土を獲得した軍人皇帝”ナポレオン1世”

1 2