1. まとめトップ

【非難轟々】hideの「ピンクスパイダー」映像化【倖田來未】

倖田來未×蜷川実花×安野モヨコで「ピンクスパイダー」を映像化することが発表されましたが、ファンからは非難の声が上がっています。無許可疑惑は、後にINAから【複数の会社間の手続きミス】と発表がありました。詳細は本文にて。「ファンタジック・ラヴストーリー西部劇」? それってうめぇんか?

更新日: 2016年08月10日

26 お気に入り 188341 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

honor213さん

◆「ピンクスパイダー inspired by バッファロー5人娘」

エイベックス・エンタテインメントとソフトバンクが立ち上げた、スマートフォン向け定額制総合エンタメ配信サービスUULA(今冬サービス開始予定)にて、倖田來未×蜷川実花×安野モヨコのコラボで、UULAオリジナルミュージックビデオ「ピンクスパイダー inspired by バッファロー5人娘」をサービス開始と同時に独占配信することが発表された。

hide with Spread Beaverの「ピンクスパイダー」を倖田來未が“倖田らしく”アレンジを加えてダブステップでカバー(楽曲は2月リリースのカバーアルバムに収録予定)。そして、その同曲が持つ詞の世界観と、人気漫画家・安野モヨコの未完の名作マンガ「バッファロー5人娘」の世界観をモチーフに、映画『ヘルタースケルター』を手掛けるなど幅広いフィールドで活躍し、マルチな才能を発揮する蜷川実花が映像化した。

劇中では、主人公である娼婦=キャンディという刺激的で難しい役どころを倖田來未が持ち前の度胸と体当たりの演技で熱演。男を“ワイルド”に蹴り倒すアクションにも挑戦し、“自由を求め、拘束された現実からの脱出を図る負けない女の強さ”を体現する。

◆チラシも配布されているという

昨日のアンケート書こうって思って出したらピンクスパイダーのチラシ入ってた!これ部屋に飾るわ!昨日のライブでちょっとだけ映像流れたけどくぅちゃんきれいだし、かわいいし、セクシーだった!蜷川さんとのコラボだしちょお楽しみー!そして昨日取れたお photozou.jp/photo/show/235…

◆この企画が決まった時の感想は?

蜷川実花:
ずっと気になっていて、本当にやりたかったものが出来るなんて、出会うべくして出会えた企画だなと思っています。

倖田來未:
蜷川さんも安野さんも、女の子だったら誰でも知っている憧れの方たちじゃないですか。そこに倖田來未が並べたことがすごく嬉しかったです!

hideへのリスペクトはなさそうですね。

◆関係者もびっくり

( ゚Д゚)ぇぇええー( ゚Д゚)ぇぇええー( ゚Д゚)ぇぇええー激しくビツクリン!!natalie.mu/music/news/811…

ピンスパカヴァー、俺もヒロシもhide事務所ですら知らないところでこんなことが行なわれるとは。。。

◆無許可でいけるのか?

法的にはJASRACに申請すればいいだけで、作曲者とか権利者の意向は関係ないらしい…
しかし道義的に元ネタの事務所に一言申し出るのが一般的。

という書き込みがありましたが、JASRACのサイトの「よくある質問」では以下の引用のように書かれています。

回答)楽曲を編曲・訳詞する場合は、事前に著作者の許諾を得ることが必要です。
このことは、著作権法(第27条)で「著作者は、その著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案する権利を専有する。」と定められています。
しかしながら、JASRACはこの条文に定める権利の委託を受けていないため、楽曲を編曲・訳詞する場合は、音楽出版者を通じるなどして、著作者に直接同意を得ていただく必要があります。
著作者から編曲・訳詞の許諾が得られた後、その楽曲をご利用いただくにあたっては、ご利用の方法に応じてJASRACに手続きをお取りいただくことになります。

やはり同意が必要なのでは?

【無許可疑惑についてINAからの説明】

ピンスパカヴァーについて、各方面に報告がいきわたったそうなので、とりあえず混乱を避けるため、これに関するつぶやきを削除しますね。地震、引き続き注意しましょう。

ピンスパカヴァーについて、私の発言で困惑させてしまった方々に謝罪いたします。申し訳ございませんでした。以後、発言には十分気をつけたいとおもいます。

複数の会社間の手続きミスで事務所への連絡が止まっていたらしくネットで知って最初は驚いたけど、倖田さんのような方がカヴァーしてくださるのはhide楽曲の良さの証明でもあるし、カヴァーを聴いて原曲に興味を持ってくれる方もいると思うとありがたいね。hideが次世代に繋がるといいよね。

◆過去にRIZEもカヴァー

ある日、RIZEから、ピンクスパイダーをカバーするにあたって、hideへのリスペクトという意味合いを含め、稲田師匠にも手伝ってほしいという打診があったわけだ。で、俺的には、曲も曲だし、hideファンの気持ちもあるだろうし、RIZEがイイかげんな気持ちでやると言ってるなら断ろうと思いつつ、とりあえずミーティングをしてみたところ、メンバー達の熱い気持ちがめちゃ伝わってきて、目頭が熱くなり、よし、そーゆうことなら、いっしょに最高のモノ創りましょうってな感じで、ヤッちゃって!ヤッちゃった!わけです。

こういうリスペクトする気持ちがあるのとないのとでは大違いですよね。

◆2013年1月26日

「hide MUSEUM」内にあるライブハウスで行われたイベントに出演した縁もあり、特別な想いでカバーした曲

取って付けたようなセリフですね

ジリ貧状態を打開するためのカバーアルバム

アルバムではhideの曲以外にも、小沢健二の「ラブリー」やエレファントカシマシの「今宵の月のように」、美空ひばりの「歌は我が命」など熱狂的ファンが存在する曲をカバーしており、曲のデキ次第では今後も多方面から批判を浴びる可能性がありそうだ

◆twitterでの反響

あかんあかん。倖田ごときがピンクスパイダーをカバーとか許せない。蜷川さんは嫌いじゃないけど、今回の映像化に関しては原曲を本当に聴いたのか?愛してるのか?って問い詰めたい。

1 2 3