回答)楽曲を編曲・訳詞する場合は、事前に著作者の許諾を得ることが必要です。
このことは、著作権法(第27条)で「著作者は、その著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案する権利を専有する。」と定められています。
しかしながら、JASRACはこの条文に定める権利の委託を受けていないため、楽曲を編曲・訳詞する場合は、音楽出版者を通じるなどして、著作者に直接同意を得ていただく必要があります。
著作者から編曲・訳詞の許諾が得られた後、その楽曲をご利用いただくにあたっては、ご利用の方法に応じてJASRACに手続きをお取りいただくことになります。

出典楽曲を編曲したり、歌詞を翻訳する場合も、JASRACの許諾が必要ですか? | 一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)

やはり同意が必要なのでは?

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【非難轟々】hideの「ピンクスパイダー」映像化【倖田來未】

倖田來未×蜷川実花×安野モヨコで「ピンクスパイダー」を映像化することが発表されましたが、ファンからは非難の声が上がっています。無許可疑惑は、後にINAから【複数の会社間の手続きミス】と発表がありました。詳細は本文にて。「ファンタジック・ラヴストーリー西部劇」? それってうめぇんか?

このまとめを見る