1. まとめトップ
  2. ガールズ

オシャレ初心者が迷いがちな "服の配色" ルールを覚えよう

お出かけ前にいつも迷ってしまう服のコーディネート。しかし、実は配色のポイントさえ覚えれば意外と服は簡単に決まってしまうもの。今回はオシャレ初心者、どの色に何を合わせればいいかわからない!という方向けにまとめを作成しました。

更新日: 2012年12月07日

girlilyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11587 お気に入り 1776354 view
お気に入り追加

この服に合うのは何色・・・?

このスカートを履こう!と決めた後に、でもこのスカートに合う色って何?と悩んだ経験はありませんか? 中にはちぐはぐな色の組み合わせで街に出てしまっている人も見かけます。
私はセンスがないから、と諦めるのはもったいない!
配色にはきちんとルールがあるので、そのルールさえ覚えれば誰だってオシャレな配色コーディネートを考えることができるのです。

3色の割合を考える

服をコーディネートする際にはベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーの3つをうまく割合を考えながら組み合わせれば失敗のない着こなしになります。

ベースカラーは全体的な見た目の雰囲気を作る色で全体の7割、アソートカラーはベースカラーを引き立て全体をまとめる色で全体の2~3割、アクセントカラーはメリハリを入れてファションを引き締める色で全体の1割位を使います。

ベースカラーは黒、アソーとカラーがグレーでアクセントカラーが白。まずは簡単な白・黒・グレーなどをベースカラーにすると、コーディネートを考えやすいと思います。

ベーシックスタイルに小物でアクセントカラーを

キレイ色初心者さんは、まずモノトーンを基調とした服に、バッグ、靴、ベルトなどの小物でアクセント的に取り入れて。

加える場所は、ベルト、スカーフ、バッグ等のアクセサリーやプリント柄の一部。この「少しだけ」というところがポイント!

アクセントカラーは赤、靴で取り入れています。
靴以外は白・ベージュ・茶でまとめているので赤の靴がとても目立つ!このコーディネートのアクセントになっています。

トップスに鮮やかな色を取り入れる

服でキレイ色を取り入れるなら、まずはシャツやニットなど、主役としてもインナーとしても使えるトップスから採用するのが一番。この場合、キレイ色のトップス以外の服や小物の色を統一することが、成功への早道。

キレイな色のトップスなので小物の色を統一しています。靴、バッグ、アクセサリーを黒でまとめることで全体の統一感が出ます。

トーンを合わせる

「明るい、暗い」、「濃い、薄い」、「鮮やかな、くすんだ」というように、このような色の表わし方をトーン(色調)と言います。トーンは、明度と彩度が複合された、色の印象を表わす方法です

色調を統一すると、それだけで統一感が出るし、逆にトーンを揃えないと、バラバラに見えることがあるということ

暗い色調で統一したコーディネート。このように緑系と赤系の組み合わせでも、色調を合わせるとバラバラな感じがしない。

こちらは明るい色でまとめたコーディネート。カーディガンもスカートも明るめの色で統一。カーディガンの方が色がハッキリしているので締まってみえます。

サンドイッチ

1色を1ヶ所に固めず、トップス(又はトップスの柄)と靴、スカーフとバッグ、帽子とベルトという具合に、間に違う色をはさみこむ様に色を散りばめると統一感が出ます。

間にコートをはさんで、インナーと帽子の色を合わせたサンドイッチコーディネート。

柄物に挑戦

柄スカートの中に黒が入ってるなら他の無地のアイテムも黒で合わせたりすると全体がバランス良くまとまる。
柄に含まれる1色を選んでその色に合わせて他の服をコーデするとまとまりやすいってこと。

花柄の中のピンクに合わせてピンクのパンツをコーディネート。

おしゃれ上級者の方の中には柄と柄を組み合わせる人もいますが、初心者は手を出さない方が無難そう。
まずは基本を押さえて、色のコーディネートでオシャレを楽しみましょう♪

関連まとめ

1





このまとめへのコメント1

1

girlilyさん

ファッションや美容関係など女性に役立つ情報を中心にまとめていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう