1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

z-hrkkkさん

明治天皇のクーデター未遂

二卿事件は、明治4年(1871年)、攘夷派の公卿、愛宕通旭と外山光輔が明治政府の転覆を謀ったクーデター未遂事件。「外山・愛宕事件」とも呼ばれる。

継体天皇

『記紀』によると、先代の武烈天皇に後嗣がなかったため、越前から
「応神天皇5世の孫」である継体が迎えられ、群臣の要請に従って即位したとされる。
しかし、『日本書紀』の系図一巻が失われたために正確な系譜が書けず、『上宮記』逸文によって辛うじて状況を知ることが出来る。
しかし、この特殊な即位事情を巡っては種々の議論やまたは推測・創作が多数ある。
『記紀』の記述を尊重すれば、継体天皇を大王家の「5代前に遡る遠い傍系に連なる有力王族」とする説が正しい。
しかし戦後に、歴史とりわけ天皇に関する自由な研究が認められることになり、
継体は従来の大王家とは血縁のない「新王朝の始祖(初代大王)」とする説(水野祐「三王朝交代説」)などが提唱された。

雛見沢

雛見沢大災害のような事件は実際にあった






1986年、アフリカのカメルーンにあるニオス湖で雛見沢大災害に非常に類似した事件が発生し、1700人以上が死亡した。
ニオス湖付近にあったニオス村は特に被害が酷く、住民1,200人中生存者はたったの6名。ニオス村は現在も立入禁止となっている。
なお、この事については作中でも「罪滅し編」のTIPSにおいて言及されている。

薩長

薩長が強すぎて、他藩の者に要職が回らなかったって話しは多々ある

薩長の人がハブられても、上の政府に自藩の人ばかりだし駄々こねて美味い仕事貰える場合があるが
土佐藩だと、倒幕に尽力したのは板垣退助とか一部だけだし、立場が弱い

板垣退助は軍人になったら卓越した才能を発揮しただろうが
それを恐れた薩長軍人(山縣有朋等)が要職占めちゃって、政治家にならざるをえなかった

石井部隊

731部隊は、第二次世界大戦期の大日本帝国陸軍に存在した研究機関のひとつ。
満州に拠点をおいて、防疫給水の名のとおり兵士の感染症予防や、そのための衛生的な給水体制の研究を主任務とすると同時に、
細菌戦に使用する生物兵器の研究・開発機関でもあっ。そのために人体実験や実戦テストまで行っていたとする説もある。
細菌戦研究機関だったとする論者の中でも、その中核的存在であったとする見方がある一方で、陸軍軍医学校を中核とし、
登戸研究所等の周辺研究機関をネットワーク化した特殊兵器の研究・開発のための実験・実戦部門の一部であったという見方も存在する。

大飢饉

天保の大飢饉だか享保の大飢饉だかでカニバリズムがあった

下山事件

下山事件とは、連合国の占領下にあった1949年(昭和24年)7月5日朝、国鉄総裁下山定則が出勤途中に失踪、翌日未明に死体となって発見された事件。
事件発生直後からマスコミでは自殺説・他殺説が入り乱れ、警察は公式の捜査結果を発表することなく捜査を打ち切った。
下山事件から約1ヵ月の間に国鉄に関連した三鷹事件、松川事件が相次いで発生し、三事件を合わせて「国鉄三大ミステリー事件」と呼ばれる。

帝銀事件

帝銀事件とは、1948年(昭和23年)1月26日に東京都豊島区の帝国銀行(後の三井銀行。現在の三井住友銀行)椎名町支店で発生した毒物殺人事件。
戦後の混乱期、GHQの占領下で起きた事件であり、未だに多くの謎が解明されていない。

三鷹事件

三鷹事件は、1949年(昭和24年)7月15日に日本・東京都北多摩郡三鷹町(現・三鷹市)と武蔵野市にまたがる日本国有鉄道中央本線三鷹駅構内で起きた無人列車暴走事件。同時期に起きた下山事件、松川事件と並ぶ国鉄三大ミステリー事件の一つとされる。

日本三大怨霊

早良親王は、奈良時代末期の皇族。光仁天皇の皇子。生母は高野新笠。
天応元年、兄・桓武天皇の即位と同時に光仁天皇の勧めによって還俗し、立太子された。
だが延暦4年、造長岡宮使 藤原種継暗殺事件に連座して廃され、無実を訴えるため絶食して淡路国に配流の途中、河内国高瀬橋付近で憤死した。

平 将門は、平安時代中期の関東の豪族である。
下総国、常陸国に広がった平氏一族の抗争から、やがては関東諸国を巻き込む争いへと進み、その際に国衙を襲撃して印鑰を奪い、
京都の朝廷に対抗して独自に天皇に即位して「新皇」を自称した事によって、遂には朝敵となる。
しかし即位後わずか2ヶ月たらずで藤原秀郷、平貞盛らにより討伐された(承平天慶の乱)。

保元の乱が終結してしばらくの間は、崇徳は罪人として扱われた。崇徳を罪人とする朝廷の認識は、
配流された藤原教長らが帰京を許され、頼長の子の師長が後白河の側近になっても変わることはなかった。当然、崇徳の怨霊についても意識されることはなかった。
ところが安元3年になると状況は一変する。この年は延暦寺の強訴、安元の大火、鹿ケ谷の陰謀が立て続けに起こり、社会の安定が崩れ長く続く動乱の始まりとなった。
『愚昧記』安元3年5月9日条には「讃岐院ならびに宇治左府の事、沙汰あるべしと云々。これ近日天下の悪事彼の人等所為の由疑いあり」とあり、
以降、崇徳の怨霊に関する記事が貴族の日記に頻出するようになる。

2.26事件

2.26事件は軍部拡張に否定的だった昭和天皇に対する、軍部主導のクーデターだった。

昭和天皇を廃し、弟の秩父宮を擁立しようとしたとかなんとか。

クーデター当日、秩父宮は運よく東京を離れていたこと、終戦後まで昭和天皇と不仲であったこと、
秩父宮が軍部と密接な関係をもっていたこと、などが知られている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/二・二六事件
二・二六事件は、1936年(昭和11年)2月26日から2月29日にかけて、日本の陸軍皇道派の影響を受けた青年将校らが1483名の兵を率い、
「昭和維新断行・尊皇討奸」を掲げて起こしたクーデター未遂事件である。事件後しばらくは「不祥事件」「帝都不祥事件」とも呼ばれていた。

1 2