1. まとめトップ

【画像あり】西武・相内誠の壮絶な生い立ち、施設 →こっそり入団?無免許運転、飲酒、喫煙 不祥事の逸材

プロ野球西武がドラフト指名した千葉県の私立高3年の男子生徒(18)が、道交法違反(車の無免許運転と速度超過)の疑いで千葉県警に摘発されていた

更新日: 2014年01月23日

49 お気に入り 919679 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ハリマ0さん

2年目の西武・相内誠投手(19)、今度は飲酒喫煙発覚

所沢市内の球団事務所で飯田則昭専務が会見。14日に公式ホームページの
意見欄に、相内が都内の飲食店で飲酒喫煙していたと外部から報告が入り、
本人に確認したところ、事実と認めた。球団は、22日から6カ月の対外試合禁止などの
措置をとると発表した。

相内 誠投手について 西武ライオンズ公式サイトより
http://www.seibulions.jp/news/detail/8551.html
このたび、当球団所属の投手、相内誠が、未成年にもかかわらず飲酒・喫煙をした事実が判明いたしました。ファンの皆さまをはじめ、関係者の皆さまには大変申し訳なく心より深くお詫び申しあげます。
相内につきましては一昨年の12月に無免許運転及び速度超過で警察に検挙され、昨年9月まで保護観察処分を受けておりました。球団として入団に際しては、社会人としても立派に独り立ちできるように、教育指導を行なうことを約束したうえでの入団でありました。

それにもかかわらず、今回このような事態になってしまったことは、あってはならないことであり、球団の管理監督不行き届きにも原因があったと言わざるをえません。
本日、当人に対し「6ヵ月間の対外試合出場禁止、外出規制」の処分を申し渡しました。

相内のコメント全文
「このようなことを起こして大変申し訳なく思っております。応援していただいているファンの皆さまに誠に申し訳なく思っております。今後このようなことは起こさない事を誓います」

西武がドラフト2位で指名した千葉国際・相内誠投手(18)が摘発

摘発された際、相内誠は「ああこれでもうダメだ…」と頭を抱えた

西武がドラフト2位で指名した千葉国際・相内誠投手(18)が、4日深夜に無免許運転を行いスピード違反で千葉県警に摘発されていた

「ドラフト指名されたことで満足してしまった。指名されたことによって、ホットして気持ちがゆるんでしまいました。だんだんと野球が大好きな本来の自分を見失っていき、このような問題を起こしてしまいました」

キャンプ初日には間に合わないが、こっそり入団か

契約金が7000万円、年俸は700万円→630万円(入団が遅れた約1カ月分の減給)で合意

西武にドラフト2位で指名された千葉国際高・相内誠投手(18) 「保護観察相当」の意見を付け、検察が家裁送致

野球協約ではドラフト指名した選手との交渉権を有するのは、3月末日まで

「1人の社会人として大成してほしいし、ライオンズとしてはこれからサポートを全力で行いたいと考えている」

11月15日西武ドラフト2位指名の相内誠投手(千葉国際高) 契約金7000万円、年俸700万円で入団合意に達した。

西武がドラフト2位で指名した千葉国際・相内誠投手(18) 無免許運転を行いスピード違反で千葉県警に摘発

摘発理由はスピード違反。アクアラインの制限速度を29キロオーバーする時速109キロで運転していた

↓相内誠のコメント↓

相内のコメント全文「このようなことを起こして大変申し訳なく思っております。応援していただいているファンの皆さまに誠に申し訳なく思っております。今後このようなことは起こさない事を誓います」

「ドラフト指名されたことで満足してしまった。指名されたことによって、ホットして気持ちがゆるんでしまいました。だんだんと野球が大好きな本来の自分を見失っていき、このような問題を起こしてしまいました」

「周りのたくさんの人の思いを裏切ってしまった。指名されたことでホッとして、気持ちがゆるんでしまいました。だんだんと野球が大好きな本来の自分を見失っていき、このような問題を起こしてしまいました。僕は野球をとったら何も残らない人間です」

相内誠(あいうち・まこと)1994年(平6)7月23日、千葉県柏市生まれ。

小4から野球を始め、投手一筋。中学時代から児童養護施設で育った。高校では2年春からエースを任されたが、甲子園出場経験はなく、3年夏は3回戦敗退。最速145キロの直球に加え、カーブ、スライダー、フォーク、カットボールを操る。端正な顔立ちと、柔らかい腕の振りから「房総のダル」と呼ばれる。185センチ、70キロ。右投げ右打ち。血液型B。

相内誠投手が、児童養護施設出身だということは TBSの「壮絶人生ドキュメント」の中で取り上げられました。

プロへの夢が叶うまでに苦労してきたことがわかり、とても感動しました。 相内 誠さんは中学時代『かずさの里』という施設にいた

相内誠投手が、児童養護施設出身だということは
TBSの「壮絶人生ドキュメント」の中で取り上げられました。

相内誠投手は、中1のとき、千葉県にある児童養護施設
「かずさの里」に入所しました。

↓過去にも話題になっていた相内投手

1 2 3