1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

kowaikowaiさん

賞金稼ぎを演じた時に、実際の役は稼げない落ちぶれ賞金稼ぎで、犯人や宝物を探しにいくシーンはないのに、賞金稼ぎの実態を知らないといけない、とプロの賞金稼ぎのグループに体験入団?して逃げ出した猛獣を追いかけたり、凶悪犯の捜査を見学したり、色々やらなくても何の問題のない事まで参加したそうです。

画実際に頭髪を抜いて、アル・カポネを怪演した。体重は直後に別の映画出演が決まっていたので太る訳にいかず、ボディスーツを着用した。だが、顔だけは太らせて撮影に挑んだ。

ホームレス施設に、帽子とマスクで潜入、すぐにほかのホームレスたちと打ち解けて会話を楽しんだ。
ニューヨークの金融街にホームレスの姿で現れ、いかに忙しいニューヨークの街でホームレスが人に気がつかれない存在になれるかを試したという。

マーロン・ブランドに代わり、その後継者として、
白羽の矢を立てられた、当時まだ無名だったデ・ニーロ。彼が演じたのは、若かりし頃のゴッドファーザー ヴィトー・コルレオーネ
つまり、“シチリア語” しか話さない役柄であった
そこで、デ・ニーロは実際に、
“シチリア島で数ヶ月間”、“島民達と生活” し、
独特なシチリアなまりを完全にマスターしたのである

主人公がユダヤ人の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』では、ユダヤ人家庭にホームステイした。

物語の舞台となったピッツバーグに撮影数ヶ月前から偽名で暮らしていた。さらに鉄工所で働こうとしたが、現地の人に拒否されたという。

制作のユニバーサル・ピクチャーズがジョン・カザールを降板させようとした時、この映画のヒロインで、カザールの婚約者だったメリル・ストリープや監督のマイケル・チミノとともに「ジョンを降ろすなら、自分も降りる」といってカザールの続投を認めさせた。ユニバーサルは癌(骨腫瘍)宣告を受けていたカザールの健康に配慮して降板を企図したのだが、デ・ニーロらはカザールの意志を尊重した。

不眠症のタクシー・ドライバー役のために 15キロ減量。
実際に数週間にわたりNYのタクシー運転手を務めた。

現役ボクサーと落ちぶれて肥満した後とで30キロ!体重を増やしています。

事故で鼻骨を骨折したときに「腫れてきたら撮影が出来ないから」との理由で続行させた。

歯科医に5,000ドル払って、汚い歯にしてもらった。
撮影終了後、今度は20,000ドル払ってその歯を治してもらった。

「妻の死から立ち直れずにいるやせ細った54キロの」男になるために19キロ減量。

映画以外では表立った活動を避け、マナーを欠いたマスコミの対応は嫌悪する。無許可で撮影した場合などは不快感をあらわにしている。

ベルルスコーニ首相が「著名なイタリア系移民」として表彰しようとしたが、一部市民団体から「ゴッドファーザー」などで「イタリア=マフィア」のマイナスイメージを植え付けた人物として批判され、表彰は沙汰止み。

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1