出典 stat.ameba.jp

創業者のマービン・バウアー

「行動規範と明確なポリシーを確立して、一流の人材を集めよう。そして彼らに、これが私たちの望んでいるファーム運営のあり方であると合意させよう」


1950年から1967年にかけてマネージングディレクターを務めたマービン・バウアーは、プロフェッショナルな経営コンサルティングの創始者として、今でも広く評価されています。マッキンゼーに加わった1933年から、1992年に退職して、2003年に99歳で永眠するまで、ファームの指針に最も大きな影響を与えました。彼の目標は、永続する組織を構築することでした。そして、60年以上もの長きにわたって、その命題に専心しました。

この情報が含まれているまとめはこちら

【ナゾの組織?】最強組織マッキンゼーの正体〜6800万円のプレゼンをする会社〜

ナゾの組織、難関企業、最強組織、など様々な異名を持つマッキンゼーの正体にせまりました。マッキンゼーのコンサルタントとして活躍していた卒業生も紹介しています。

このまとめを見る