1. まとめトップ

時間がゆっくり流れる...最高の心理状態 ゾーン(ZONE) に入るためには

スポーツ選手の間では広く知られているゾーンという特別な精神状態。この状態では普段以上の能力が発揮できます。ゾーンはプロスポーツ界のみの概念ではなく、仕事、勉強、その他の日常生活においても現れうる現象です。最近では漫画「黒子のバスケ」にも取り上げられているそうです。そんなゾーンについてまとめました。

更新日: 2012年12月09日

nantenさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
167 お気に入り 93999 view
お気に入り追加

ゾーンとは?

アスリートが驚くようなパフォーマンスを発揮する時、その裏にはゾーンという状態があります。

このゾーンという状態は、時間感覚が歪みボールや人の動きがゆっくりに見えたり、極端な時は止まって見えたりという事や、疲労を感じにくいという事が起きている状態です。

ゾーンに入っている時の精神状態は、充実感、達成感に満ちていて、目の前の事に没頭できるような状態です。

心理学の分野でも知られている

フロー:心理学者のミハイ・チクセントミハイによって提唱され、その概念は、あらゆる分野に渡って広く論及されている。

ZONE、ピークエクスペリエンスとも呼ばれる。

ゾーンに入ってる人はどう感じているか

.
・リラックスしている
・現在に没頭している
・注意を向ける場所を絞り、したいことに集中する
・自信を持ち恐れを感じない
・自動的で努力を要しない

こんなスポーツ選手もゾーンについて語っている

石川遼

タイガー・ウッズ

マイケル・ジョーダン

I can’t explain it… I’m in the zone.
(うまく説明できないんだけど…ゾーンに入ってたんだ)

ゾーンに入るためには何が必要か

絶対にゾーンに入れるという方法はありませんが、ゾーンに入るために必要な条件はあります。

1. ゴールを明確にする
 2.フィードバックをすぐに受け取る
 3. 能力とチャンスのバランスを取る

3番目は自分の能力ぎりぎりの課題に挑戦するという意味です。

外界を遮断し、自分だけの世界に入り込んでいく事で集中力を高めていく

1





2012/11/29開始
ニュース、主に女性向けの雑学中心にまとめようと思います