1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

pikkari_tterさん

重曹水の作り方

・ぬるま湯400mlに大さじ2杯程度の重曹を溶かします。

お湯だと、重曹の発泡作用で泡立ってしまいます。冷たい水だと少し溶けにくいです。良く溶かしましょう。重曹の粒が残るとスプレーボトルに入れた時に詰まりの原因になります。


・スプレーボトルに入れ替えます。

ロート等を使って、こぼさない様に入れましょう。こぼれたら、タオルで拭き取って下さい。こぼれた重曹水を、そのままにしておくと乾いた時に白い筋(重曹の結晶)が残ります。

これは掃除で使う時も同じです。必ず拭き取りを良くしましょう。

重曹スプレー基本的な使い方

・油汚れや手垢などの汚れにシュッとひと吹き!!

重曹水の弱アルカリ成分で油汚れを分解してくれます。スポンジ等で軽く擦り、最後は良く洗い流すか、拭き取ります。重曹水が残っていると白い筋が残るので要注意。(白い筋が残っても、もう一度水拭きすればすぐ取れます)余裕があれば、クエン酸水やお酢スプレーをかけて中和してから拭き取るとなお良いです。

・ゴミ箱の消臭剤に

酸性の臭いを消してくれます。重曹をそのまま振りかけてもいいですし。重曹水をサッとスプレーしてもいいです。

・苦手な所

蛇口(カラン)やシンク等にこびり付く水垢は落とせません。水垢には酸性のクエン酸やお酢を活用しましょう。また、強力な油汚れには、重曹ペーストを使いましょう。トイレなどのアルカリ性の臭いは中和せず消臭してくれません。

キッチンシンク掃除、カウンタートップ掃除

シンク、カウンタートップに重曹を粉のままふりかけます。

後は、スポンジで擦って洗い流すだけです(洗い流せない所は水拭きで拭き取ります)。カランやシンク周辺も同じ様に洗います。細かい所は古歯ブラシ等を使って掃除しましょう。これは、重曹の粒の研磨作用でシンクを磨く掃除方法です。とっても簡単なので、毎日の掃除にオススメです。

カラン(蛇口)等、水垢の付きやすい所は掃除後、良く拭いて水滴が残らない様にしておきましょう。もし、水垢がこびり付いてしまったら、その時はクエン酸(お酢)の登場です。

シンクの水垢 曇りを取る(クエン酸掃除)

クエン酸水をかけて上からラップやテッシュを貼付けて湿布します。そのまま30分ほど放置します。クエン酸の濃さ、放置時間は水垢の度合いによって調節します。このクエン酸掃除はクエン酸の酸性パワーで水垢を溶かす掃除です。多少時間がかかります。

(※注:大理石、他、酸に弱いものは溶かしてしまうので、このクエン酸掃除は使えません。)



古歯ブラシ等で軽く擦ります。

クエン酸水の濃さと放置時間をうまく調節できれば、これでほぼ落ちます。しかし、水垢が強力だったり、クエン酸に漬け込む時間が短いと水垢が残ってしまう時があります。そんなときは、、、

スチールウールを使います

スチールウールはとっても便利な掃除道具です。

100円ショップ等でも手に入ります。

水垢がカリカリ溜まってしまった、、、

そんな時には、このスチールウールを上手に使ってお掃除しましょう。


使い方は簡単です。

水垢を擦って落とします。

スチールウールはとっても便利な掃除道具です。

100円ショップ等でも手に入ります。

水垢がカリカリ溜まってしまった、、、

そんな時には、このスチールウールを上手に使ってお掃除しましょう。


使い方は簡単です。

水垢を擦って落とします。

スチールウール注意点!!

※強く擦り過ぎると素材を傷めてしまう時があります。力加減を注意しましょう。


※水で濡れたスチールウールは、しばらくすと酸化して茶色く変色してしまいます。一度使った物は捨てましょう。


※掃除後に、スチールウールの削りカスが落ちます。この粉を綺麗に取り除きましょう。残っていると、この部分から錆びて茶色く変色します。

排水溝の掃除

重曹とクエン酸水を活用する


汚れを大まかに取り除いた後、重曹を全体にかけます。(結構多めに)

温めたクエン酸水(お酢)を上からかけます(1〜2カップぐらい)。

(お酢スプレーの残りを利用しても可)

重曹とクエン酸(お酢)が反応して発泡します。

(発生するガスは無害です)

そのまま1、2時間放置します。


最後に熱いお湯をたっぷり流します。

発泡するのが面白くて、やってて楽しい掃除です。

手の届かない排水溝も掃除できます。

しかし、これですべて綺麗になる訳ではありません。

気になるとこは古歯ブラシで擦って落としましょう。


重曹をふりかけて、お湯をかけるだけでもこまめにしていれば、

排水カゴ、排水溝の掃除がとっても楽になります。

1