1. まとめトップ

FIFAクラブワールドカップでICチップが埋め込まれたボールを使用

FIFAクラブワールドカップでICチップが埋め込まれたボールを使用

更新日: 2012年12月12日

0 お気に入り 6134 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

htht100さん

今回導入されるテクノロジーはクリケットやテニスで使用されている「ホークアイ」、および「ゴールレフ」。ホークアイは1つのゴールマウスに対して7つのカメラを使用して判定するもの。ゴールレフはボールの中に埋め込まれたマイクロチップがセンサーとなってゴールラインを越えたかどうかを判断する。

ホークアイ (Hawk-Eye) は、球技において、試合中にボールの位置や軌道を分析し、それらをコンピューターグラフィックスで再現することにより、審判が下す判定の補助を行うコンピューター映像処理システム。またボールの位置や軌道の統計を作成し画面に表示する。クリケットの試合やテニスのウィンブルドン選手権等の国際大会で採用されており、他の球技にも応用可能とされる。

幾つかのセンサーがゴールにセットされていてボールに埋め込まれたマイクロチップがゴールラインを割ると主審の時計にのみ振動で伝えると言う物らしい。

サッカークラブワールドカップに使用しているボールにマイクロチップが入っていて、ラインを割ると審判に信号が送られるんだって。すごいな。

今回のFIFAクラブワールドカップはゴールラインシステムが導入されてて、ボールがゴールラインを通過したら内蔵チップが反応して主審に信号を送るようになったらしい

FIFAクラブワールドカップ、マイクロチップ内蔵ボールを用い、ゴールラインを割ったか否かを機械的に判定するシステムが使われているらしい。サッカーもハイテク時代になったな~ #fcwc

今回のクラブワールドカップからボールにマイクロチップが内蔵されていて完全にゴールが入ってから一秒いないに主審の腕時計にゴールとでるらしいもうそんな時代なのかすごい進歩してんな(・Д・)ノ

関連記事

1