1. まとめトップ
  2. 雑学

「消えた漫画家」たちの現在

主に80年代後半から90年代に人気を博したものの、最近作品を見なくなった漫画家たちの現在は?

更新日: 2013年02月15日

mii10さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
212 お気に入り 753233 view
お気に入り追加

80年代後半から90年代に人気を博したものの、最近作品を見なくなった漫画家たちの現在は?

●実は現在も活躍中

『コロコロコミック』で『つるピカハゲ丸』を連載。

近年も『コロコロコミック』の系列誌を中心に作品を発表。マンガ原作(『トップ 放課後社長は12さい』(本名で原作を担当。作画:岩田和久)など)も行っている。

『週刊少年ジャンプ』にて現在でも根強いファンを持つ『究極!!変態仮面』を連載。

2011年にも読み切り作品を描くなど、活躍中。

1993年から『週刊少年ジャンプ』にて『とっても!ラッキーマン』、1998年に『僕は少年探偵ダン♪♪』を連載。

「どうやって生計をつないでいるのか」については、「一番聞いてはいけないこと」と、単行本の中で述べている。

大場つぐみ (『DEATH NOTE』『バクマン。』の原作者)が、「ガモウひろし」であるという説がある。

『週刊少年ジャンプ』にて『死神くん』、『ついでにとんちんかん』を発表し人気を得る。

現在は青年漫画誌を中心に作品を発表している。

●引退

『りぼん』誌上にて『お父さんは心配症』『こいつら100%伝説』『ルナティック雑技団』を連載。いまだに根強いファンを持つ。

現在は消息不明。主婦で、沖縄の漬物屋に嫁いだという噂がある。

●病気療養中

代表作に『ヘルタースケルター』『東京ガールズブラボー』など。

1996年に交通事故に遭い、現在療養中。

代表作に『週刊少年ジャンプ』連載の『ハイスクール!奇面組』など。

持病の腰痛が悪化、以後療養中。2001年から『フラッシュ!奇面組』(スクウェア・エニックス 月刊少年ガンガン)の連載を開始するも、2005年6月号を最後に『フラッシュ!奇面組』休載状態。

絶頂期にためた資産でアパート経営をしているという噂。

『週刊少年ジャンプ』に『きまぐれオレンジ☆ロード』を連載。

現在は「脳脊髄液減少症」という病気の療養中。

●死去

OLを題材にした漫画『スイートスポット』を『SPA!』(扶桑社)で連載。「オヤジギャル」は、1990年の新語・流行語大賞新語部門・銅賞を受賞。

S状結腸癌のため、2005年、42歳で死去。

代表作に『ダッシュ!四駆郎』。

2006年、急性心不全のため47歳で死去。

関連まとめ

1





おもしろ・エンタメhttp://goo.gl/zavnZ
ビジネス・ライフHhttp://goo.gl/44mX6
グルメ・おしゃれhttp://goo.gl/xNEQp



  • 話題の動画をまとめよう