1. まとめトップ

創価学会に睨まれた芸能人はこうなる・・・

テレビ局を豊富な資金で手駒にしていく創価学会は芸能界にも強い影響力を持ち続けています。そんな状況で、学会の逆鱗に触れたがために芸能界から”干された”人たちがいます。その理由とは一体??

更新日: 2015年04月03日

tetsukota96さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
38 お気に入り 1563281 view
お気に入り追加

芸能界に浸透する創価学会の影響力

不景気で広告収入が激減したテレビ局。
そこを豊富な資金力で蝕む創価学会の影響力が日増しに増殖している。
創価学会の広告塔として活躍する芸能人たちを駆使し、表に裏に創価学会=公明党の支持者を増やすために日夜活動しているといわれています。
個人の断定については憶測もあり、ただ食いつなぐために入会したものなども多くいるとはいえ、お茶の間でも人気の芸能人が実は学会に入っているということも話題になっています。

そして日増しに芸能界で影響力を増す創価学会に楯突いたことによって”干された”芸能人も数多くいるという事実を皆さん知っているでしょうか?

その芸能人と学会のとのエピソードを踏まえて紹介します。

創価学会に”睨まれた”芸能人の噂

創価学会の威光を受けて、芸能界に絶大な力を持つといわれている久本雅美さんからの創価学会への勧誘を断り続けたことで仕事が激減

そして、「新ウンナンの気分は上々」の後番組が久本雅美司会の「恋するハニカミ!」である。 最終的に内村光良司会の「内村プロデュース」までもが「マチャミナイト ガチンコ視聴率バトル」に取って代わられてしまった。

内村光良は創価学会によって仕事を干されたことで鬱状態が続いているらしいです。自殺未遂をしたという噂もあるほどです。

1997年12月20日、伊丹プロダクションのある東京麻布のマンション下で遺体となって発見された。当初から、経緯について様々な推測が飛び交うことになった。

暴力団を題材にした「マルボーの女」と創価学会を題材にした映画「アルタイの女」の監督伊丹十三襲撃事件で知られる武闘派の元山口組後藤組組長・後藤忠政著書「憚りながら」(宝島社2010年)の本文で、創価学会と暴力団の深い関係を自ら認めている。

朝日放送のラジオ番組「誠のサイキック青年団」と同番組のイベントで不適切な 発言をし、一部関係者に迷惑をかけたことが理由。

芸能界のドン「バーニングプロダクション」の周防 郁雄社長批判が今回の原因だととの見方も出て来た。
北野は同社社長を「ヤクザ、ホモ」と中傷したとされている。

一方、北野誠はアンチ創価学会で批判する発言も多数あったことから、これが原因である見方が当初有力視されていた。※ラジオ番組で共演していた竹内義和はそれは誤解だとしている。

その他の”噂”

メレンゲレギュラ-時に久本に暴言を吐いて、ほとんど活躍できなくなった・・・らしい

学会に「洗脳」されてから「脱会」を決めるまでの記述が生々しい暴露本執筆。
※「創価学会」という実名は一度も登場しない
http://tvmania.livedoor.biz/archives/16170564.html

かつて久本雅美の走狗として活躍するも脱会。
週刊現代記事より

川田亜子アナの死と創価学会員谷口元一との関係
川田アナは死亡前にストーカー・盗聴に脅えていた?
※自殺と見せかけての殺人は創価学会のお家芸

リンク

1





tetsukota96さん

I always sad lack of money.