1. まとめトップ

【まとめ】だるま目の入れ方から、だるまの供養まで

多分、だるま目に筆を入れる機会がある人なんて多くありませんが、何かのお役に立てれれば(´・ω・`)

更新日: 2012年12月11日

10 お気に入り 41110 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

odkoさん

だるま目の入れ方

だるまはご祈願いただく際に、片目をいれ、「開眼」させるのがならわしとなっています。
だるまの左目(向かって右)より目を入れ、願い事が成就したら、右目(向かって左)描き入れてください。

だるまさんと向き合い、
心を鎮めてください。

願いをこめてだるまの左目(向かって右)を描き入れてください。

だるまさんが開眼され、
命がふきこまれました!

☆特別編☆だるま目の入れ方

●伊豆の土肥達磨寺(富士見山達磨寺)の五色だるまの場合
http://toi-daruma.jp/?tid=6&mode=f7
商売繁昌…最初から両目
家内安全…最初から両目
健康祈願…最初から両目
病気平癒…最初に右目、願いが叶ったら左目
合格祈願…最初に右目、願いが叶ったら左目
学業成就…最初から両目
就職祈願…最初に右目、願いが叶ったら左目
良縁祈願(現在の縁を保つ)…最初から両目
良縁祈願(新たな縁を祈る)…最初に右目、願いが叶ったら左目
厄除祈願…最初から両目
選挙当選…最初に右目、願いが叶ったら左目
金運向上…最初から両目
安産祈願…最初から両目
交通安全…最初から両目

上記は一例ですが、このようにダルマの産地や宗派、願いの種類・目的などによって異なるため、一概にどの入れ方(塗り方)が正しいとはいえません。

ダルマの目入れは、仏像同様、開眼することで魂を迎え入れるという意味があるとともに、願いが叶って(満願成就して)両眼をいれるのは願(がん)と眼(がん)をかけているようです。

目を入れただるまは、どこに置いたらいいか。

その昔、信州では、だるまは養蚕と深く結びつきがあり、蚕祈願の縁起物としてダルマを家の神棚に祀っていたそうです。しかし現在では特にきまりはなく、家族をそっと見守るところがよいのではないでしょうか。

役目を終えた、だるまはどうしたらいいのか?

だるま供養も、ぬいぐるみや人形の供養と同じように、供養してくれる神社やお寺をインターネットなどを使って検索したり、情報をゲットしたりすることができるので、インターネットを活用してみるのも良いアイデアですよね。

1