古書の来歴

古書の来歴 (ジェラルディン・ブルックス)

ユダヤ教の禁忌に反し、絵画が描かれた500年前の稀覯本「サラエボ・ハガダー」。修復の過程を通して、この本のたどった運命と、ユダヤの凄絶な歴史が浮かび上がる…という歴史ミステリ的な作品。

本の修復過程で得られた蝶の羽やワインの染み等の科学鑑定を経て、本のたどった歴史を垣間見せるのが面白いところです (もっとも、そこで語られた歴史が事実である、ということは必ずしも意味していないのですが)。

ちなみに、この作品自体はフィクションですが、「サラエボ・ハガダー」は実在する書物です → http://ow.ly/3Apaa (Google Image)

この情報が含まれているまとめはこちら

古書をめぐるミステリ作品 (+ 番外編)

「古書」のテイストが強いミステリ作品を集めてみました。謎やトリック、ストーリーに、古書や書物の性質がよく絡んでいる作品を主に取り上げています。いわゆるビブリオミステリをはじめ、歴史ミステリや時代小説なんかも。 (13/12/14 … 1作追加)

このまとめを見る