Homicide in Hardcover: A Bibliophile Mystery

Homicide in Hardcover: A Bibliophile Mystery (Kate Carlisle)

1冊だけ洋書を。探偵役をつとめる主人公が何と「書物修復家」の女性という作品です。

手にしたものが呪われるという、ゲーテ『ファウスト』の豪華特装本。主人公の師匠がその修復を手がけることになるが、彼は何者かによって殺害され…。


軽快な会話や叙述でサクサクと話が進む、いわゆるコージー・ミステリ。書物と謎の絡み具合はほどほどですが、製本/修復の場面や蘊蓄がたっぷり織り込まれ、つい頬が緩みます。

英語は平易。ただ、西洋の書物に関する知識や用語を知らないと引っかかりやすいかもしれません。

この作品は幸い好評を得たようで、現在すでに長編7冊と短編1篇(電子書籍のみ)を数えるシリーズとなっています。

この情報が含まれているまとめはこちら

古書をめぐるミステリ作品 (+ 番外編)

「古書」のテイストが強いミステリ作品を集めてみました。謎やトリック、ストーリーに、古書や書物の性質がよく絡んでいる作品を主に取り上げています。いわゆるビブリオミステリをはじめ、歴史ミステリや時代小説なんかも。 (13/12/14 … 1作追加)

このまとめを見る