1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

欧文フォントの王様・Helveticaの魅力

Helvetica(ヘルベチカ)はもはや欧文フォントの王様といっても過言ではないだろう。街中の看板でもWebでも多くみかけるフォントだ。順応性がある上に、徹底的な完璧さを持つといわれるHelveticaの魅力に迫る!

更新日: 2012年12月14日

ikeayさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2326 お気に入り 323187 view
お気に入り追加

セリフ体には「セリフ」と呼ばれる突起が線の端についている。この突起がない書体を「サンセリフ体」という。

簡素で落ち着いた書体でありながら説得力に富む力強さが特長で、用途を選ばない幅広い汎用性がある。

ギリギリに詰めて組んでも、ゆるめに広げて組んでも、印象こそ違いますが、それなりに様になる珍しい書体です。

Macintosh では OS に付属する標準フォントの一つとなり、iOSではシステムフォントである。

Helvetica(31種類)と、改訂版であるNeue Helvetica(51種類)その他クローンと呼ばれるようなものとかも含めたら100を超えるウェイト/スタイルがあるので、デザイナーさんなどはその場に応じて様々なウェイト/スタイルを利用できます。

有名企業のロゴによく使われている

現在最も使用される書体の一つとなっているほか、出版や広告の業界では必要不可欠な書体として知られる。

日本語部分はモリサワ A-OTF ゴシック。

メジャーすぎて逆に…という意見も

あまりに一般的すぎて、ヘルベチカを避けるデザイナーも多くいます。

But not everyone is a Helvetica lover. Type 'I hate Helvetica' into Google and there are forums for people who rage at the mindless 'corporate chic' of this dominant font.

しかしみんながみんなヘルベチカを好きなわけではない。グーグルで「I hate Helvetica」と検索すると、この支配的なフォントの愚かな"企業チック"さに憤慨している人々のためのフォーラムがでてくる。

類似書体・Arial

ArialはよくHelveticaと間違われやすいですし、Helveticaがないときに代替として使われる書体でもあります。事実Arialは見た目がHelveticaっぽくなるように作られたものですし、ArialはHelveticaの字幅と完全に一致するように作られています。

Windowsにプレインストールされている。
(でもこの旧ロゴはHelvetica!)

Helveticaはフォントのカット水平で、Arialはすこし斜めになっていますね。

ドキュメンタリーもつくられている!

Helveticaはいかにして誕生したのか。どうしてここまで普及したのか。そしてフォント界の巨匠やフォントマニアたちはこのフォントをどう思っているのか。
批判すらも脚色なく描く、Heiveticaのリアルに迫るドキュメンタリー作品。

作ったのはこの人たち!

1 2





このまとめへのコメント5

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

ikeayさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう