1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

コピノ(Kopino)は韓国の男性とフィリピンの現地女性の間で生まれた2世をフィリピンで言う言葉である。

コリアン(Korean)とフィリピノ(Philipino)の合成語である

英語を国語として使用するフィリピンを語学研修コースにする韓国人たちの脱線行為

2007年現在、米国や外国に比べて物価と教育費が安く、1対1の英語教育が可能で、英語研修地として脚光を浴びているフィリピンに、1年語学研修に行く韓国学生たちは、年に4万名に達する。

この中の一部学生たちの不法な脱線は、もはや度を越して社会的問題を惹起するだけでなく、国家的なイメージさえ墜落させている。最も大きい脱線の行為は、不法買春である。それらの中には、フィリピン女性たちに変態的性行為を要求するだけでなく、暴力を振るうなど加虐的行為も行った。

さらに衝撃的なことは、フィリピン語学研修関連カフェでは、語学研修に行って来た学生の中の一部が、夜文化というコーナーを作り、自分と付き合ったり性関係をしたフィリピン女性たちの写真から、これと関連する情報をあげたということだ。

2008年12月現在、コピノは韓国人が多く居住しているメトロ・マニラのケソンだけで1500人内外がいると把握されている

国民大部分が避妊と堕胎を許容しないカトリック信者である点も、コピノが多くなった理由に挙げられる。

「最近ではタイの政情が不安でフィリピン旅行客がさらに増えている」と話した。これら観光客の行先地は、おおよそ昼にはゴルフ場、夜には歓楽街で固定している。短期語学研修生たちも英語を早く習うと、フィリピン女性と同居し子供まで産んで、無分別に韓国に帰る場合も少なくない。

僑民団体関係者は「フィリピン女性たちは、特に避妊を要求せず、カトリックの影響と費用の問題で中絶もしない」とし、「フィリピンを訪れた男性たちはフィリピンに自分の2世がいるかも知れないと考えて見なければならないだろう」と言った (Wikipedia)

1