このリズムを崩さないためには、食事の時間や就寝、起床の時間をある程度決めて、それを守るようにするのがポイント。睡眠を気にする人は多いものの、食事のリズムを守っている人は少ないと著者は説きます。

普段私たちが朝食を摂っている時間帯は、「排泄」の時間。本来よい排便や発汗をする時間帯に朝食を摂ってしまうと、健康を維持するために重要な酵素が充分に働かず、消化不良を起こすというのです。

ちなみに、夜遅くに食事を摂ると太りやすいのも、夜8時以降は体が「吸収モード」になっているから。これには納得せざるを得ません。

また著者は、朝からしっかり食べることは、起きてすぐにフルマラソンをするくらい体に大きな負担をかけている行為だと警鐘を鳴らします。

出典昼の12時までは食べちゃダメ!朝だけ「断食」が健康にいい理由 (1/3ページ) - デイリーニュースオンライン

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ダイエットだけではない!?プチ断食はなぜ健康にもなれる?

断食といえば宗教などで見られた光景でしたが、今ではダイエットに取り入れられているだけではなく健康になるために少しの期間で断食する「プチ断食」が流行とか?3食あたりまえの時代があったことをあ考えればすごい時代になったものですが、本当に健康にいいんでしょうか?

このまとめを見る