栄養補給と消化に適しているのは、生体リズムでは正午から午後8時まで。ちょうどここで食事を摂っておくことが大事です。

午後8時までに夕食を済ませ、翌日の正午まで食事を抜くと、16時間食事を抜くことになり、約半日の断食になります。食べものが消化されないうちに、次の食べものが体に入ってくるリズムを断つのです。

“朝だけ断食”は実質的に半日の断食をすることになります。消化器官を休ませ、酵素も本来働くべき代謝活動に時間を割くことができるということです。

フランスでは断食を「メスのいらない手術」と呼んで、病気の治療として高く評価されています。断食の効能はさまざまあります。

出典昼の12時までは食べちゃダメ!朝だけ「断食」が健康にいい理由 (2/3ページ) - デイリーニュースオンライン

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ダイエットだけではない!?プチ断食はなぜ健康にもなれる?

断食といえば宗教などで見られた光景でしたが、今ではダイエットに取り入れられているだけではなく健康になるために少しの期間で断食する「プチ断食」が流行とか?3食あたりまえの時代があったことをあ考えればすごい時代になったものですが、本当に健康にいいんでしょうか?

このまとめを見る