・潜在酵素が温存される

・内臓を休ませ、腸内をきれいにする

・血液がきれいになり、血流が良くなる

・免疫力が上がる

・体に溜まった毒素の排泄

・体のコリや痛みが取れる

・呼吸器、循環器の働きがよくなる

・眠りが深くなり、目覚めがよくなる

そもそも、いまでは1日3食が当たり前となっていますが、それは江戸時代の中期ごろ以降、つまりここ300年ほどの習慣なのだそう。

出典昼の12時までは食べちゃダメ!朝だけ「断食」が健康にいい理由 (3/3ページ) - デイリーニュースオンライン

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ダイエットだけではない!?プチ断食はなぜ健康にもなれる?

断食といえば宗教などで見られた光景でしたが、今ではダイエットに取り入れられているだけではなく健康になるために少しの期間で断食する「プチ断食」が流行とか?3食あたりまえの時代があったことをあ考えればすごい時代になったものですが、本当に健康にいいんでしょうか?

このまとめを見る