400年前の作品ながら、現代人が読んでも違和感はほぼありません。非常な普遍性を持った作品です。

出典Amazon.co.jp: 人間ぎらい (新潮文庫): モリエール, 内藤 濯: 本

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

モリエールの人間嫌いの感想まとめ 【ネタバレなし?】

モリエールの人間嫌いの感想まとめ最後のリンク先にはネタバレがありっます

このまとめを見る