1. まとめトップ

【効果的な思考の整理術】どんなことにも使えるマインドマップの活用術

人の日常には情報があふれています必然的にその情報を整理する必要があるのですが、なかなか難しいですねそこで、仕事はもちろん、プライベート、勉強、問題や悩み。。。なんでも使える「マインドマップ」についてまとめました

更新日: 2012年12月22日

596 お気に入り 119816 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyan0422さん

マインドマップとは??

思考・発想法の一つ。
頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと。

まあざっくりいうと、
中心にあるテーマから放射線状に広がっていく形で書かれたノート術、
くらいに思ってもらえればとりあえずOKです。

マインドマップってこんな感じ

【要は、書く人によって様々でどんなものでもOKってことです!!】

【マインドマップを描く方法】

【書く前の心意気】
・綺麗に書こうとしなくてよし!
・誰かに見せるつもりはなくてよし!
・思ったことを素直に書きだすべし!

描き方

(1)紙の真ん中に、楕円を描きます

(2)楕円内に、今回のテーマ「私にとっての幸せとは?」と書き入れます

(3)楕円から、放射線状に広がるように枝を6~10本生やします。

直線ではなく、ゆるやかな曲線で、かつ三の字のように左右に広がるのではなく、放射線状に描くのがコツです。

(4)3で伸ばした枝の上に、「私にとっての幸せとは?」というテーマから連想する「単語」を載せていきます。

※書くときの注意
・枝の「先」ではなく、「上」に載せます。沿うように書けるとなおよし!
・「文章」ではなく、「単語ひとつ」で書きましょう!

(5)そこからさらに、連想する単語を拡げていきます。枝はどんどん伸ばして、増やして行きます。何階層まで伸びてもOKです。

※書くときの注意
・枝を書いてから、その枝の上に単語を載せましょう。
 (単語を書いてからその単語の下に枝を書くよりも、書きやすい)
・枝は、外に外に放射線状に拡げていきます。
・上下関係(階層)やカテゴリなど、前後の関係性は完全に無視してOK!
・同じ単語が何度出てきても大丈夫!

(6)出しきった単語から、「これは外せない!」と思う単語を5~10個選び、マルを付けます。

(7)選んだ単語をすべて使って、「私にとっての幸せとは、~~~である」という文章を作ります。単語にない言葉もどんどん加え、ひとつの文章として創り上げます。

マインドマップをモノにする3つのヒント

描く数をこなす

構えて描かない

考え方を変える

1 2 3