1. まとめトップ
  2. ガールズ

"チーク" の入れ方で、顔の印象を変えよう

メイクで忘れてならないのがチーク。チークがある時とない時、見比べてみてください。顔の印象が全く違うはずです。入れる場所や色によってその印象は変わってきます。自分のなりたい印象に合わせてチークの入れ方を研究しましょう!

更新日: 2012年12月14日

1351 お気に入り 492402 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

girlilyさん

チークで変わる

メイクと言えばアイメイク!という雰囲気がここ最近ずっと続いていますが、忘れてならないのがチーク。チークがある時とない時、見比べてみてください。顔の印象が全く違うはずです。
入れる場所や色によってその印象は変わってきます。
自分のなりたい印象に合わせてチークの入れ方を研究しましょう!

血色アップをめざす

ピンクは日本人の肌の延長線上にはない色のため、ポッと浮き立って見えます。色が浮くと不安になるかもしれませんが、チークの場合、それでこそ入れた意味があるというもの。

ピンクの力で明るく透明感のある肌に見せたいけれど、いかにも“メークしました”という不自然さは避けたいもの。コツは、なるべく肌とトーンの近いピンクを選ぶこと。

いくらチークを入れても、色の選び方を間違えると印象も変わってしまいます。自分に合ったピンク色を見つけて、血色アップを目指しましょう。

http://xbrand.yahoo.co.jp/category/beauty/8160/1.html

ハリのある肌になりたい

まず頬の正面に丸くぼかすように入れ、そこから頬骨に沿ってふんわりぼかすんです。とにかく、正面の筋肉の部分に入れることがポイント。

チークには、血色を与える効果と同時に、入れた部分を高く見せる作用があるので、この位置に入れると頬にふっくらしたハリがでて、笑っているようにみえるんです。

顔が引き締まってみえる立体感のあるチークメイク。ハリのある頬でフレッシュ感をアピールしましょう!

http://www.pluswellness.com/lifestyle/beauty/index04.html

小顔になりたい

きれいに仕上げた肌に チーク を入れることで、美肌がさらに引き立ったり、顔全体が引き締まって、小顔に見せることもできます。

黒目の下からあごまでの直線をイメージし、3等分した上の点が チーク の始点となります。いつもここをイメージしていれば失敗がありません。

入れる場所で小顔に見えるということは、場所を間違えると顔が大きく見えたり野暮ったくなってしまうことも!入れる場所を間違えないようにしましょう。

http://allabout.co.jp/gm/gc/19520/

シャープな雰囲気を出したい

頬のサイドから三角形にアンバーを。顔が引き締まり、シャープな感じに仕上がります。

チークカラーはやや暗めのオレンジやブラウン系を選び、頬の下に影のように三角形に入れます。

色を暗めの色にして三角にチークを入れるとシャープな印象に。チークを入れる時は、チークが鼻のあたりまでいってしまわないよう、注意が必要です。

http://www.visagist.com/hairmake/make/index.html

そばかすを目立たなくする

明るめのチークをしっかりと幅広くいれていきます。こうすることによって、ソバカスから目線をそらすと同時に若々しくキュートな印象に仕上げることができます。

大人っぽくみせたい

チークの入れ方によって表情が驚くほど変化します。ライン状に入れることで顔立ちをシャープにして、知的な女性を演出!

ライン状にチークを入れることで大人っぽい仕上がりに。セレブ風な雰囲気も醸し出します。肌色と自然なグラデーションがつくれる、落ち着いたトーンの色がグッド。

丸くいれるとかわいらしい印象になってしまうので、ライン状に。色選びも重要なポイントになるので、自分に合った落ち着いたトーンのチークを探してみましょう。

http://mico.allabout.co.jp/p/p0001/0502.htm

パーティーメイク

チークに使うのは、一般的にピンクやオレンジなどの暖色系ですが、パーティー会場によく使われるオレンジ色の間接照明の下では、見えにくくなってしまう特徴があります。

顔の中心に丸く少し広めに入れる。おすすめは、ツヤのあるベースメイクと相性がいいパール入り。毛穴を目立たせないように繊細なパールが入ったものをチョイスして。

!注意!

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1