ピンクの力で明るく透明感のある肌に見せたいけれど、いかにも“メークしました”という不自然さは避けたいもの。コツは、なるべく肌とトーンの近いピンクを選ぶこと。

出典30歳過ぎたら、チークは絶対“ピンク”です! - BEAUTY - X BRAND

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

"チーク" の入れ方で、顔の印象を変えよう

メイクで忘れてならないのがチーク。チークがある時とない時、見比べてみてください。顔の印象が全く違うはずです。入れる場所や色によってその印象は変わってきます。自分のなりたい印象に合わせてチークの入れ方を研究しましょう!

このまとめを見る