出典 ja.yourpedia.org

小松美羽 - 『四十九日』

小さな命が消えた瞬間、なんて冷たく固まるのだろうと、乾いていく瞳から死を感じ、時が絶たなくてはあなたに起きた最後の出来事を受け入れられません。
乾いた瞳は燃えてしまったけど、魂が天に登ったのなら、どうか道中、ご無事で。しっかり歩いていけますよう。
ラクダが守ってくれますし、羅針盤は正常です。
そんな作品です。

この情報が含まれているまとめはこちら

美しすぎる銅版画家 小松美羽って??

銅版画家として阿久悠さんのCDジャケットやビジネス誌の表紙などを担当。また、その端正な顔立ちから「美しすぎる銅版画家」としても話題を呼ぶ。 世界に通用するアーティストを目指し、現在は活動の拠点をニューヨークに移す準備を進めている。この春、初の個展も開催され、少しずつ夢への階段を上っている28歳。

このまとめを見る