出典 ameblo.jp

小松美羽-『酔いどれ』

上京してすぐにバイトをしたのが居酒屋だったんですね。田舎に比べて時給も高く、短時間労働でもOKだったので夜はちょくちょくバイトしてました。
そのバイト先の居酒屋で、よく悩まされたのが酔っ払いすぎたお客さんの汚物。プンプン臭う汚物を片付けながら、なんとなく、この汚物には働くサラリーマンのいろんな思いがこもってるんではないだろうかと考えだしました。
そして、いきついたのがこの酔いどれです。
酔いどれって素敵ですね。酔える時にいっぱい飲む、素敵ですね。

この情報が含まれているまとめはこちら

美しすぎる銅版画家 小松美羽って??

銅版画家として阿久悠さんのCDジャケットやビジネス誌の表紙などを担当。また、その端正な顔立ちから「美しすぎる銅版画家」としても話題を呼ぶ。 世界に通用するアーティストを目指し、現在は活動の拠点をニューヨークに移す準備を進めている。この春、初の個展も開催され、少しずつ夢への階段を上っている28歳。

このまとめを見る