1. まとめトップ

大自然の癒しに!青森の旅行で絶対に行きたい観光スポット

青森県は、自然がとても豊かな場所で、自然に触れ合える観光スポットが充実しています。特に八戸市の海岸線、八甲田・十和田湖・奥入瀬渓流などが人気で定番の観光スポットとなっています。

更新日: 2018年03月15日

98 お気に入り 168549 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

naoko5さん

青森県は、旧南部藩(八戸・盛岡方面)、旧津軽藩(青森・弘前方面)の文化が大きく異なる事でも知られています。南部の方言、津軽の方言は異なっており、文化や考え方も異なる面を持っています。

青森に来た時には、八戸・三沢方面の観光と、青森・弘前方面の文化、方言の違いなどに注目して観光すると楽しめるでしょう。

八戸・三沢方面

1937年に国の名勝に指定された美しい天然芝がある名所です。八戸線の「種差海岸駅」もあるので、鉄道を使ってアクセスする事もできます。

種差海岸エリアの紹介(八戸市)
http://www.city.hachinohe.aomori.jp/kanko/nature/tanesashi/

青森県八戸市の海岸線に位置する展望台で、見晴らしが良い場所として有名です。八戸線の鮫駅から100円バス(ワンコインバス)を使ってアクセスする事が可能です。

葦毛崎展望台の駐車場に隣接して建っているカフェです。ここのソフトクリームが有名で、夏になると多くの観光客で賑わっています。店内から見える海岸線も絶景です。

八戸市は、海岸線が非常に美しい事で知られています。特に海岸線に整備された遊歩道「種差海岸とうみねこのみち」は、とても美しい海岸線を歩く事ができます。

青森県八戸市から久慈市まで、八戸線を運行されている特別列車です。土日に運行されていて、三陸の美しい海を見ながら、八戸から久慈までを旅する事ができます。

JR東日本盛岡支店
http://www.jr-morioka.com/train/umineko.html

縄文時代の遺跡である「是川遺跡」から発掘された合掌土偶が「国宝」に指定された事を受けて、是川縄文館は2010年にリニューアルオープンしています。国宝「合掌土偶」以外にも、発掘された多くの品が展示されています。

是川縄文館
http://www.korekawa-jomon.jp/

2011年に八戸市の中心商店街に開業した施設「はっち」です。八戸市の概要を紹介したり、おみやげの購入などを行うことができます。

はっち公式
http://hacchi.jp/

八戸市の港からも近い新井田川河口の高台にある館花公園の中に整備された大きなタワーです。八戸市全体を見渡す事ができる場所となっています。

立地がかなり不便な場所にありますが、どうしてもアクセスしたい時は、八戸線の陸奥湊駅から歩いて行けなくもない場所です。

青森市エリア

アスパムは、青森市の駅・市街地からすぐ傍の場所に1984年に開館した観光施設です。アスパムには、展望台(14階)やレストラン(10階・14階)が併設されています。

13階の展望台に400円で行くよりは、ランチタイムに14階のレストランで食事した方が安く感じるかもしれません。

アスパム:13階展望台大人400円
八甲田丸・アスパム共通券:大人1100円
浅虫水族館・アスパム共通券:大人1300円
アスパム公式
http://www.aomori-kanko.or.jp/

アスパムの10階にある居酒屋「西むら」では、地元の郷土料理を楽しめます。夜は、コース料理のみとなっているので、夜は少し高い(1人5、6000円)かもしれません。オススメは、お手頃の昼間です。写真は、うに・いくら丼です。

ちなみにイチゴ煮(八戸郷土料理)など、青森市ではない物も置いてますので注意しましょう。

2011年1月にオープンした「青森ねぶた」を展示・紹介している施設です。ねぶた祭りは、8月1週目に開催されて、全国的にも有名な祭りです。

入場料:大人600円
公開時間:9:00 ~ PM 6:00(5-8月は7:00)
ねぶたの家 ワ・ラッセ 公式
http://www.nebuta.or.jp/warasse/

青森のベイエリアにできた観光施設です。オシャレな外観と、光が差し込む広々とした内部は、カフェやレストラン、買い物施設が入っています。デートなどでも使えそうな場所です。

A-FACTORY公式
http://www.jre-abc.com/a-factory/

八甲田丸は、1908年から1988年まで青森ー函館を往復していた「青函連絡船」です。1988年3月に青函トンネルが開通した事によって廃止されました。

現在は、同じ航路で観光用を重視したフェリーの「ブルードルフィン」などが運航されています。

八甲田丸
http://www7.ocn.ne.jp/~hakkouda/

三内丸山遺跡は、最近になって発掘が本格化された日本最大級の縄文集落跡です。今から約5500年前~4000年前の縄文時代の集落跡から発掘された品々であったり、復元された集落跡などを見る事ができます。

三内丸山遺跡
http://sannaimaruyama.pref.aomori.jp/

2006年に三内丸山遺跡の隣にオープンした美術館で、青森県出身の芸術家などの作品などの展示を行っています。

青森県立美術館
http://www.aomori-museum.jp/

青森県を代表する版画家・芸術家である棟方志功を記念して、1975年11月に造られた記念館です。棟方志功に関する展示であったり、作品展示などが行われています。

棟方志功記念館
http://munakatashiko-museum.jp/

浅虫水族館は、青森市から青い森鉄道に乗って30分ほどの場所にある水族館です。

入場料:大人1000
開館時間:9:00~17:00
浅虫水族館公式
http://www.asamushi-aqua.com/

八甲田・十和田湖・奥入瀬渓流エリア

青森市から車で40分ほどの場所に位置している八甲田山の麓にあるロープウェイです。特に紅葉の季節には、観光客などで賑わいます。

八甲田ロープウェー
http://www.hakkoda-ropeway.jp/

十和田湖畔子ノ口(ねのくち)から焼山までの約14kmの奥入瀬川の渓流です。美しい渓流が有名で、銚子大滝など自然の滝も点在しています。秋の紅葉の季節には渋滞が発生するほど人気の場所です。

十和田湖は、青森県の中央に位置している湖です。遊覧船が運行されていて、自然を満喫する事ができます。

十和田湖
http://www.lakeship-towada.co.jp/

津軽方面

江戸時代に建造された天守や櫓などが現存する全国でも数少ないお城の1つです。全国的にも「さくらの名所」として有名です。

日本で最も有名な文豪の1人とされる太宰治の生家を展示したミュージアムです。

太宰ミュージアム公式
http://dazai.or.jp/

参考リンク

1 2