1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

一度は行きたい!「千と千尋の神隠し」モデル地の台湾「九份」の魅力

台湾は、親日の人も多くて身近な海外旅行に最適です。その台湾の中でも、特に日本人に人気になっている場所が「九份」です。「千と千尋」のモデルになったと噂されていて、多くの日本人観光客が訪れています。

更新日: 2012年12月16日

1583 お気に入り 613643 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

naoko5さん

台湾の九份について

2001年に公開された「千と千尋の神隠し」モデルと噂されて、日本人観光客が急増。台湾人観光客と一緒に大盛り上がりしている観光地です。

台北市から30キロ、特急とバスで1時間ほど、台北市からの日帰りが可能です。

九份の概要

1989年にはこの村を舞台にした映画『悲情城市』(1989年侯孝賢監督)が公開され大ヒット。台北にはないノスタルジックな雰囲気が台湾人を惹き付けブームとなる。村は再び活況を取り戻し、土産物屋からデザート茶屋・酒家が増え台北から日帰り観光地として現在も観光客で賑わっている。

映画『千と千尋の神隠し』(2001年 宮崎駿監督)のモデルの村だという話が広がり、ガイドブックで詳細に紹介され日本からの観光客も増えた。

「九份」と「千と千尋の神隠し」

宮崎駿が「千と千尋の神隠し」の製作前に「九份」を訪問

映画製作前、宮崎駿は台湾の九份と阿妹茶酒館を訪れてスケッチをしている

作品の中に見られる数多くの類似点

宮崎駿さんの「千と千尋の神隠し」のモデルになったという赤ちょうちんのある例の階段、千尋が湯屋に入る時に通るあの橋の手前の階段です。でも、映画の中のモデルは階段だけではないんです。たとえば、車が山に迷って入っていくところは、九份のお墓がある山だそうです。

「この景色はどこかで見た!」と思えるかも。「千と千尋」の世界に迷い込んだ感覚に!!

どこかで見たことがある景色!!

台湾の九份に行きたい!千と千尋の舞台になったところ。今から年始でツアーくめるでしょうか。旅行会社にいきましょう。パスポートあるのに海外行かないともったいない!

千尋になった気分で、不思議の国を散策できそうですね。

” 湯婆婆の油屋 ”のモデル「阿妹茶酒館」

台湾行きたいーっ( ืົཽ ω ืົཽ ) 九份ってとこが千と千尋の神隠しのモデルになったところ★ 湯婆婆の館のモデルになったお茶屋さんに行って、美味しいウーロン茶飲みたい♪(´ε` )

「阿妹茶酒館」の場所

九份のあちこち寄り道をしながら,いよいよ「千と千尋の神隠し」の「湯婆婆の油屋」のモデルになったといわれる阿妹茶樓さんにやってきました。アーケード街(基山街)と海が見える階段(豎崎路)との交差点を少しくだったところにあります。

宮崎駿さんが「千と千尋の神隠し」の製作前にここを訪れてスケッチを行っています。その事から「湯婆婆の油屋」のモデルと噂される場所。

カオナシのモデル?お面とオカリナ

そういうわけで20日~23日まで台湾旅行行ってきます。台湾の九份が楽しみだ~千と千尋の神隠しの聖地だったりする>九份。カオナシのモデルにもなったお面もあるよ~

九份に行けば、「カオナシのモデル」と言われるお面を見る事ができます。確かに千と千尋に出てくるカオナシに似てるよ!

カオナシに似たオカリナも買えます。このオカリナ小さくて可愛いですね。宮崎駿さんも買ったのかな?

茶屋「天空之城」から絶景も楽しめる

茶屋「天空之城」のテラスからは、絶景を楽しめます。え、天空の城?ラピュ・・・

「千と千尋」でも、周囲が暗くなって千尋が帰れなくなるシーンがありますが、そのシーンを連想させますね。

九份の夜は美しい

九份の屋台なんて、「千と千尋の神隠し」そのもの!!

「千と千尋」で見たように、暗い中から「屋台船」が明かりをつけて迫ってくるような気がします。

1