九份の概要

出典天空の町 九份 - ジェトロ・アジア経済研究所

http://zapanet.info/blog/images/200906/sento/sento09.jpg

1989年にはこの村を舞台にした映画『悲情城市』(1989年侯孝賢監督)が公開され大ヒット。台北にはないノスタルジックな雰囲気が台湾人を惹き付けブームとなる。村は再び活況を取り戻し、土産物屋からデザート茶屋・酒家が増え台北から日帰り観光地として現在も観光客で賑わっている。

映画『千と千尋の神隠し』(2001年 宮崎駿監督)のモデルの村だという話が広がり、ガイドブックで詳細に紹介され日本からの観光客も増えた。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

一度は行きたい!「千と千尋の神隠し」モデル地の台湾「九份」の魅力

台湾は、親日の人も多くて身近な海外旅行に最適です。その台湾の中でも、特に日本人に人気になっている場所が「九份」です。「千と千尋」のモデルになったと噂されていて、多くの日本人観光客が訪れています。

このまとめを見る