1. まとめトップ

ビギナー向けSMプレイ、楽しく始める10ステップ

SMプレイといっても、こんなビギナー向けでソフトなものなら、抵抗なく楽しめることうけあいですよ♪

更新日: 2015年07月13日

angelkissesさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
90 お気に入り 287471 view
お気に入り追加

いきなりSMプレイをベッドに持ち込むことには抵抗があって当然です。まずは、彼の耳元で卑猥な言葉を囁いてみる、エッチの最中にいやらしいことを言って乱れてみる、などして様子を見てみましょう。彼にドン引きしている素振りがあれば、しばし様子を見た方が良さそうです。

SMプレイ中には、「嫌~!」「やめて~!」「ダメ~!」など絶叫系否定語は付きもの。本心から嫌で、本当に止めてもらいたい時に、これらの言葉を叫んでも、相手にはその違いが伝わらない可能性が高いです。信頼し合うカップルが、SMプレイに手を出したばかりに、仲がこじれてしまっては元もこもありません。そうならないために、二人の間で「行為を止めてほしい時にだけ使う合言葉」を事前に決めておきましょう。「バナナ!」とか「サル!」など、簡単で覚え易く、でも普通エッチの時には絶対に出てこないような単語にしておくと良いでしょう。

手始めに、目隠しプレイから始めてみましょう。どちらか一方だけが目隠しされるのではなく、今回彼女がやったら、次回は彼が目隠しされる、という風に順繰りにやっていくと楽しいでしょう。視覚を奪われることによって、普段は感じることのない類の感覚が得られることでしょう。

手錠、無ければ紐で手の自由を奪ってみましょう。偏見を捨てて、無抵抗な自分に酔ってみましょう。

普段のエッチでは身に付けないような、ちょっぴり過激でセクシーな衣装(黒いレースやレザーのランジェリー、ガータベルト、黒のピンヒールなど)を身に着けてみましょう。気分が高揚して、SMプレイがさらに盛り上がるはずです。

エッチの最中で気分が高揚している時、痛みはむしろ、心地よい刺激に感じるものです。とはいえ、いきなり鞭打ちは行き過ぎですので、乳首を軽くつねったり甘噛みしてみたり、髪の毛を軽く引っ張ってみたり、お尻を手で軽く叩いてみたり、軽いものから始めると良いでしょう。

SMプレイには、気分が盛り上がるような音楽が必須。プレイ内容によって、音楽も変えると尚楽しめるでしょう。

SMプレイは、激しいものから軽いものまで様々です。男性の大事なところを蹴る「玉蹴りプレイ」なんて、聞くだけで痛々しいものも存在しますが、ビギナーはラブリング(ペニスに振動するリング型おもちゃをはめて、挿入。その振動により男性も女性も楽しめるというもの。)のような、抵抗なく使える大人のおもちゃ系のものをエッチに取り入れるくらいでも、十分に楽しめるでしょう。

キャンドルによって、溶けたワックスの温度はまちまちで、火傷を負う可能性があるということを理解しておきましょう。SMプレイでキャンドルを試す際には、溶けたワックスが熱すぎないかを事前にチェックしておくと良いでしょう。

大人のおもちゃの世界も、ずいぶんと進化し、ワイヤレス化が進んでいます。そんなワイヤレスおもちゃをSMプレイで使ってみましょう。ワイヤレスならば、隣室にいる彼があなたをもてあそんだり、彼が外出先からスマホでバイブを操作したりすることも可能。彼のSっ気に火が付くこと間違いなしです。

1